コラム

平成の終わりを前に、スーパー戦隊最強の座をかけた戦い開幕

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

平成の終わりを前に、スーパー戦隊最強の座をかけた戦い開幕

(C)石森プロ・テレビ朝日・東映AG・東映

毎週日曜午前9:30~10:00(※一部地域を除く)放送の「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(テレビ朝日系)が2月10日に終了、翌週の2月17日から3月10日まで、同枠で「4週連続スペシャル スーパー戦隊最強バトル!!」が放送される。内容はタイトル通り、歴代スーパー戦隊の戦士たちが最強決定戦を行うというものだ。


■5人1組のドリームチームによるチーム対抗バトル

〈あらすじ〉
謎の少女リタが、歴代のスーパー戦隊の戦士たちを惑星ネメシスに召喚し、「スーパー戦隊最強バトル」の開催と、優勝すればどんな願いも叶うことを告げる。召喚された戦士たちはシャッフルされ、乗り物チーム、動物チームなど5人1組のドリームチームを結成し、チーム対抗バトルに挑む。

戦士たちはそれぞれの願いを叶えるため、あるいは最強の称号を手にするため、戦いを繰り広げるが、思いもよらない展開が……。


■メインになるチームは、オリジナルキャストが演じる

物語の中心になるのは、「動物戦隊ジュウオウジャー」(2016~2017年)の風切大和/ジュウオウイーグル、「海賊戦隊ゴーカイジャー」(2011~2012年)のキャプテン・マーベラス/ゴーカイレッド、「宇宙戦隊キュウレンジャー」(2017~2018年)のスティンガー/サソリオレンジ、「手裏剣戦隊ニンニンジャー」(2015~2016年)の伊賀崎天晴/アカニンジャー、「烈車戦隊トッキュウジャー」(2014~2015年)のカグラ/トッキュウ5号からなるチーム。

レッド3人にオレンジ、ピンクと色味が偏ったメンバーだ。性格はマイペースなタイプが多い印象で、周囲に気を配るまとめ役には大和が適任だろう。だからこそ5人のやり取りと、どうチームワークを築くかが物語上の見どころになる。なお5人は、オリジナルキャストの中尾暢樹、小澤亮太、岸洋佑、西川俊介、森高愛が演じる。


■多彩な顔ぶれが登場。ド派手なバトルが展開される

予告映像を見ると、ガオレッド、バルシャーク、ギンガグリーン、ボウケンシルバー、デカマスター、オーレッド、リュウレンジャー、ニンジャホワイト、レッドマスク(それぞれの所属は省略)、さらに44番目の新スーパー戦隊「騎士竜戦隊リュウソウジャー」(3月17日放送スタート)のリュウソウブラック、リュウソウグリーンの姿が確認できる。実に多彩な顔ぶれだ。ゴーカイレッド ゴールドモード、アカニンジャー超絶などの強化形態も登場するため、バトルもド派手なものになるだろう。

「平成のフィナーレを飾る“お祭り”最強バトル」と銘打たれた今回のスペシャル。監督を務める坂本浩一は、爽快なアクション演出と、「ヒーローをカッコよく見せる」ことに定評があるだけに、お祭り気分と歴代ヒーローのカッコよさを存分に味わえる作品になるはず。期待度大だ。

(文/佐藤新@アドバンスワークス)

(C)石森プロ・テレビ朝日・東映AG・東映

関連記事