コラム

「ジオウ」に登場するか?未来の仮面ライダーたち

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

「ジオウ」に登場するか?未来の仮面ライダーたち

(C)2018石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系、毎週(日)午前9:00~9:30放送)は、年明けから新章に突入。これまでは、2018年以前に存在した仮面ライダー、“レジェンド”が物語のカギになっていたが、新章では未来のライダーたちがその役割を担っている。


■分岐した未来に、新たな仮面ライダーが誕生

「ジオウ」で描かれた2068年の世界は、常磐ソウゴ/仮面ライダージオウの未来の姿とされる魔王・オーマジオウが君臨している。また2019年以降、新たな仮面ライダーは誕生しなかったと語られてきた。

ところが、2068年の人間たちが歴史を変えようと、現代(2018~2019年)に介入したためか、未来が分岐し、その延長線上に新たな仮面ライダーが誕生した。それが第17〜18話に登場した2022年のライダー・仮面ライダーシノビ、19〜20話に登場した2040年のライダー・仮面ライダークイズである。


■歴代シリーズに登場した主人公の子孫ライダーたち

歴代シリーズにも、未来から現代にやってきたライダーが何人も登場している。『劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』(2008年)には、仮面ライダー電王/野上良太郎の孫、仮面ライダーNEW電王/野上幸太郎が登場。幸太郎が西暦何年の人間なのかは劇中で明確に語られなかった。

また「仮面ライダーキバ」(2008年~2009年)最終回では、紅渡/仮面ライダーキバの息子・紅正夫が22年後の世界から現れ、キバに変身。『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』(2015年)では、泊進ノ介/仮面ライダードライブの息子・泊エイジが20年後からやってきて、物語に大きく関わった。


■「フォーゼ&オーズ」に水を力の源とするライダー登場

『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX』(2011年)でも、未来のライダーが物語に大きく関わった。2051年の青年・湊ミハルはコアメダルの力で仮面ライダーポセイドンに変身。ポセイドンは強い敵を求めて2011年の世界へ飛び、暴れ回る。

ポセイドンの暴走から解放されたミハルは、新たに仮面ライダーアクアに変身。仮面ライダーオーズ/火野映司と共に戦った。アクアは水を力の源とし、水上オートバイのような専用マシンを駆る個性的なライダーとしてファンの心に残っている。


■一度は消えた未来のライダーが復活する可能性は?

オーマジオウが存在する歴史ではアクアらは生まれなかったことになっている。とはいえ今後、また新たな歴史が生まれ、その延長線上に一度は消えた未来が復活するかもしれない。もう一つの未来からやってきたシノビ、クイズに続く未来のライダーは、「かつての未来」からやってくるかもしれない。

歴代の「未来のライダー」たちは、平成仮面ライダーシリーズを彩ったレジェンドの一人でもある。彼らの登場と、そこに生まれる化学変化が想像しながら視聴するのも、「ジオウ」の楽しみ方の一つだろう。

(文/佐藤新@アドバンスワークス)

(C)2018石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

関連記事