コラム

【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】全話あらすじまとめ

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】全話あらすじまとめ

竹内結子主演 「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(フジテレビ系、木曜午後10時)

6年ぶりにドラマ主演を務める竹内結子が演じるのは、“スピン・ドクター”と呼ばれる弁護士・氷見江(竹内結子)。氷見はクライアントの窮地を救うため、スキャンダルの裏側で暗躍していく。

各話あらすじはこちらから!

第1話あらすじ 国民的アイドルをスキャンダルから守れ! スピン・ドクター氷見の活躍

第1話で描かれたのは、4人組アイドル「フォレスト」の炎上騒動。メンバーの白石杏里(馬場ふみか)が、収録中に隣にいたメンバーの赤江桃子(中村ゆりか)を突き飛ばす姿が放送されてしまったのだ…

第2話あらすじ 人気広告ディレクターに浮上したセクハラ疑惑… 広告代理店が隠す真実を暴け

第2話では、大手広告代理店人事部長の藤原貴美子(国生さゆり)がクリエイティブディレクター・谷正輝(波岡一喜)のセクハラ疑惑について氷見に相談。谷はセクハラなんてしていないと訴えるが、既に問題は週刊誌で報道され世間に拡散されていた…

第3話あらすじ 氷見が殺人事件を捜査!? 金メダルを賭けたフィギュア選手の人生

第3話の依頼人となるのは、フィギュアスケート選手の相馬紀子(白石聖)。紀子は世界大会で金メダルを獲得したばかりだったが、直後に婚約者・塚越健太(穂満佳佑)が殺害される事件が起こる…

第4話あらすじ 高級マンション内のママ友トラブル!? 親子の秘密が議会を揺るがす

第4話では、氷見や与田知恵(水川あさみ)が連日テレビで取り上げられている議員・土方朝子(江藤あや)の映像をチェック。土方は待機児童問題を訴えるために子連れで議会に出席し、男性議員からのバッシングを受けていた。氷見たちが土方や教育問題について話していると、そこへ副所長の鈴木太郎(バカリズム)が乱入。鈴木は大手ゼネコンの次期社長候補・佐久間からの依頼を危機管理部に任せる…

第5話あらすじ おしどり夫婦がW不倫!? 竹内結子が全てを騙す

第5話の依頼人は、経済評論家の木村よう子(遠野なぎこ)。よう子は司会業で名を馳せたタレント・中山昌平(デビット伊東)と結婚しており、2人はおしどり夫婦としてテレビでも有名だ。しかし今回の相談は、離婚に応じない昌平を説得してほしいというもの。氷見や与田知恵(水川あさみ)は離婚専門の弁護士を呼ぼうとするが、副所長の鈴木太郎(バカリズム)が危機管理部で引き受けると勝手に返事をしてしまう…

第6話あらすじ イケメン秘書・杉野遥亮の正体判明!?

第6話では、ベストセラー作家・浮田千代子(真野響子)が秘書の女性3人からパワハラで告発される。氷見は与田知恵(水川あさみ)や鈴木太郎(バカリズム)と共に、千代子の自宅を訪ねてパワハラの真偽について質問。すると千代子は「ナナコちゃんたちがパワハラだって思ってたんならパワハラになるんでしょ?」とあっさり認め、示談にはしたくないから何とかしろと氷見に命じた…

第7話あらすじ 育休中に欠陥が発覚!? ブラック企業と女性SEの戦い

第7話では、スマートフォン決済サービス「ペイグッド」の不正利用が多発。セキュリティに問題があったことが発覚し、ワイドショーを賑わせていた。開発チームの責任者は、与田知恵(水川あさみ)の大学時代の先輩でもある芦原江梨子(西山繭子)。名前や顔まで世間に晒されてしまった江梨子は、与田を頼って事務所に相談してくる…

第8話あらすじ 男社会に立ち向かう女性研究者の戦い

第8話の依頼人は、医療ベンチャー「フィニシス」を立ち上げた研究者・和久井純菜(森矢カンナ)。純菜は帝都医科大学の研究室で、髪の毛1本で疫病を判別出来る検査キットを開発していた。しかし過去の論文が盗用だったという事実が浮上し、検査キットも嘘ではないかと炎上。盗用を認めた純菜は、氷見のすすめで謝罪会見を開くことに…

第9話あらすじ 水川あさみが竹内結子を追い詰める!

第9話では、氷見が吾妻と不倫関係にあったというスキャンダルが流出。氷見の行方も分からず、与田や真野聖子(斉藤由貴)は事務所に殺到する電話や問い合わせ対応に追われるハメに。そこへいつも通り呑気な副所長・鈴木太郎(バカリズム)が現れ、氷見が正式に事務所をやめたことが告げられる。さらに新しいクライアントとして、吾妻と総務大臣・林光蔵(山田明郷)が事務所を訪ねてきた…

第10話あらすじ 竹内結子が最後に仕掛けた罠

第10話では、氷見の選挙法違反疑惑について調査会が開かれることに。進行は総務大臣・林光蔵(山田明郷)が務め、吾妻や与田、そして「週刊文新」の東堂裕子(泉里香)をはじめとしたマスコミも出席していた…

関連記事