コラム

【家売るオンナの逆襲】全話あらすじまとめ

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

【家売るオンナの逆襲】全話あらすじまとめ

北川景子主演 「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系、水曜午後10時)

2016年に放送された前作から引き続き、北川が「私に売れない家はない」と豪語する無敵の不動産屋・三軒家万智を演じる。

各話あらすじはこちらから!

第1話あらすじ 無敵のオンナ・三軒家復活! 炎上を繰り返すYouTuberにふさわしい家を探せ

前作の最終回で、課長の屋代大(仲村トオル)と結婚した三軒家。新シリーズの第1話では、片田舎で「サンチー不動産」を経営していた2人が古巣である「テーコー不動産」に帰還した。屋代は課長、三軒家はチーフとして復帰することになり、それまで緩い雰囲気だったテーコー不動産に緊張感が…

第2話あらすじ ネットカフェは宝の山!? 三軒家が孤独な老人に売った“吹き溜まり”

第2話では、庭野(工藤阿須加)が高齢の顧客・神子巴(泉ピン子)との契約を取りつける。しかし神子は「気が変わった」と言ってドタキャンし、鼻歌を歌いながらテーコー不動産を後にした。後日、庭野は神子の要望に合う物件をいくつか紹介するが…

第3話あらすじ テーコー不動産がLGBTの問題に直面!? レズビアンカップル&夫がトランスジェンダーの家庭

第3話では、足立聡(千葉雄大)がなかなか売れない物件の現地販売を任される。寒空の下でブースを構えて客を待っていると、三軒家が現れて「この家は私が売ります」と宣言。足立が三軒家にライバル心を燃やしていると、留守堂が現れて「三軒家さんに何かされたら、僕に言ってね」と優しい言葉をかけた…

第4話あらすじ 三軒家が留守堂に敗北!? 団塊世代&ゆとり世代にふさわしい物件

第4話では、テーコー不動産にも働き方改革の波が。課長の屋代大(仲村トオル)は、残業時間の削減と売り上げアップの両立を要求され苦戦する。新宿営業所の新人・鍵村洋一(草川拓弥)は入社以来1軒も家を売ったことがないため、庭野聖司(工藤阿須加)が教育を担当。しかし庭野の方が影響されてしまい…

第5話あらすじ 松田翔太の「正体」が遂に明かされる…!

第5話では、三軒家がしばらく有給休暇を取ると宣言。書き置きを残して夫・屋代大(仲村トオル)の前からも姿を消し、屋代は途方に暮れた。翌日、三軒家のいないテーコー不動産で、庭野聖司(工藤阿須加)は田部竜司(柄本時生)と婚約者・宮寺奈々(知英)を担当することに…

第6話あらすじ 北川景子&松田翔太 “最強コンビ”誕生!

第6話では、愛の告白を受けた三軒家が「私はあなたを愛していません」ときっぱり断言。しかし留守堂は、「これからも、心からなる愛を持ってマンチッチに挑み続けていきます」と彼女にライバル宣言をした。翌日、テーコー不動産を訪ねてきたのは…

関連記事