コラム

【いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~】全話あらすじまとめ

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

【いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~】全話あらすじまとめ

中村勘九郎・阿部サダヲ主演 「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」(NHK、日曜午後8時)

同作は、日本のオリンピック史を綴った作品。日本で最初のオリンピック選手・金栗四三を中村勘九郎が務め、日本にオリンピックを招致した男・田畑政治には阿部サダヲが抜擢された。その他豪華キャストの面々を揃えて、日本人の“泣き笑い”が詰まった激動の半世紀を描いていく。

各話あらすじはこちらから!

第1話あらすじ 日本のオリンピック史はこうして刻まれた!

舞台は、1959年の五輪招致目前の東京。とある寄席では落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)が、50年前の日本のオリンピック初参加にまつわる“噺”を語っていた…

関連記事