コラム

上戸彩に佐々木希も…!? 実はアニソンを歌ってた意外な女優

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

news画像

男女の道ならぬ恋の行く末を描いた2014年放送のテレビドラマ 『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』(フジテレビ系)。2017年7月、その劇場版が大ヒット公開中だ。ドラマと劇場版の両方で主演を務め、大人の女性の色気を余すことなく見せつけた女優の上戸彩だが、過去にはなんと、歌手としてアニメの主題歌を担当していたことをご存じだろうか? ほかにも名だたる女優たちが同様の経歴を持っているようだ。

■『昼顔』主演女優、上戸彩の意外な経歴

上戸が初めて担当したアニメ主題歌は、2003年に放送開始したテレビアニメ『金色のガッシュベル!!』(フジテレビ系)のエンディングテーマ曲だ。もともとは女優ではなく、4人組アイドルユニット「Z-1」のメンバーとしてデビューした上戸。その透き通った美声で、同アニメのエンディングテーマ曲「PERSONAL」をしっとりとしたトーンで歌い上げている。このときの歌声が好評だったのか、同作が映画化される際にも、上戸は主題歌を2作とも担当している。
さらに、2009年には人気漫画が原作となっている『家庭教師ヒットマンREBORN!』(テレビ東京系)、2004年には長寿アニメとしておなじみの『忍たま乱太郎』(NHK、1994年10月以降はNHK教育テレビ〜NHK Eテレ)の主題歌担当にも抜擢されている。

■数々の人気女優が、“アニソン歌手”を経験済み!

2017年4月にお笑いタレント・渡部建との結婚を発表し、幸せいっぱいの新婚生活を送る女優・佐々木希もアニメ主題歌を担当した経験を持つ。佐々木が歌ったのは、2011年の『べるぜバブ』(読売テレビ・日本テレビ系)のエンディングテーマ曲「パペピプ♪パピペプ♪パペピプポ♪」だ。“右! 上! 下! 左! ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる Don’t touch me!!”という歌い出しがハイテンションな曲を、持ち前の明るさでユニークに歌い上げている。

さらに、広末涼子は1998年に『金田一少年の事件簿』(読売テレビ・日本テレビ系)のエンディングテーマ曲「ジーンズ」を、新垣結衣は2010年のアニメ映画「昆虫物語 みつばちハッチ~勇気のメロディ~」の主題歌「WALK」を過去に担当している。アニメとはイメージが結びつきづらい、意外とも思える女優たちが“アニソン歌手”としての経験を持っているというのは驚きの事実だ。

■今こそ楽しみたい! 上戸彩の初々しい歌声

デビュー当時から実年齢より幼く見え、まさに“かわいらしい”という表現がぴったりだった上戸。人気女優としての活躍を経て、妻、そして母となった現在は、すっかり大人の女性へと成長した印象だ。また、『昼顔』に出演したことをきっかけに、さらに大人の女性ならではの魅力を増したのではないだろうか。
今となっては、上戸の“アニソン歌手”としての姿は想像しづらい。しかし聴き返してみると、当時の初々しい歌声に驚くとともに、上戸の成長ぶりを感慨深く感じる人は多いはずだ。

(文/おがたま)




女優・上戸彩の歌うアニソンを聞いてみよう!


タワーレコードオンラインでは、CD、ブルーレイ、DVD、書籍から、タワレコ限定グッズまで多数お取扱い中!
タワーレコードオンラインならdケータイ払いプラスご利用でdポイントもたまる・つかえる!
上戸彩の歌ったアニソンはこちらからチェック!


  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア
人気記事ランキング

TOP