テレビ関連ニュース

今井絵理子がルージュを引いてモデルに変身、コピーライターの東儀秀樹とは一線を越えたのか?~2001年『ルージュ』より/懐かし番組表

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

今井絵理子がルージュを引いてモデルに変身、コピーライターの東儀秀樹とは一線を越えたのか?~2001年『ルージュ』より/懐かし番組表
2001年9月18日のテレビ欄(出典:『テレパル』第19号・東版)

地上デジタル放送化に伴い、テレビ番組表というものから遠ざかってしまった人もきっと数多いだろう。WEBメディア『テレビPABLO』では、そんな大人のためにかつての番組表を紐解きながらタイムトリップをお届けしたい。ウン年前の今日、夢中になって観ていたテレビは何だったのか? テレビ情報誌『テレパル』(小学館刊)の番組表と共に、当時の世相を振り返ってみよう――今日は2001年9月18日にタイムスリップ。

大型の台風18号が列島に襲い掛かった週末。開けて関東は夏の気温に。今週は同じ時期に台風の通過とともに一気に秋が深まっていった2001年のこの時期を振り返る。16年前、台風17号の通過直後に北から流れ込んだ寒気により9月21日以降の関東地方は一気に気温が下がり、上着が必要になった。テレビは“9.11”の「米国同時多発テロ」のあのショッキングな場面を何度も流し、ネットでも様々な情報や意見が飛び交った2001年9月。「狂牛病」が話題となり、「牛丼離れ」「牛肉離れ」が起きたのもこの年の秋のことだ。

そんな16年前の今日、2001年9月18日の『テレパル』番組表からはNHK総合23時『ルージュ』にスポットを当てる。NHK総合の火曜23時は、2000年の春の改編で新設された45分×6話の短い連ドラ枠『ドラマDモード』を放送していた。『ルージュ』はその9作目で、芥川賞作家・柳美里の同名小説を原作に、SPEED解散後ソロ活動をしていた今井絵理子が主演。

専門学校を卒業し、なんとか大手化粧品メーカーに就職したヒロインの奮闘を描く。クリエイティブ職を志望するも、偶然からモデルの代役になったことで、思いもよらぬ方向に導かれるヒロインを演じた今井絵理子。まさかこの時は自分が議員になることも、その後不倫で世間を賑わせることになることも、1ミリも想像していなかっただろう。それは僕ら一般視聴者も同じだし、『アニー』を演じた東大卒のあの人だって、「このハゲ~」のあの人だって、こんな「現在」が思いもよらなかった16年前の今日。

2001年9月18日『ルージュ』(NHK総合)/30代の保坂尚輝と東儀秀樹とのロマンスも違和感なく演じた、16年前の今井絵理子は17歳

  • 今井絵理子がルージュを引いてモデルに変身、コピーライターの東儀秀樹とは一線を越えたのか?~2001年『ルージュ』より/懐かし番組表
    『テレパル』2001年第19号・東版の表紙
  • 今井絵理子がルージュを引いてモデルに変身、コピーライターの東儀秀樹とは一線を越えたのか?~2001年『ルージュ』より/懐かし番組表
    『ルージュ』(NHK)/2001年9月18日のテレビ欄(出典:『テレパル』第19号・東版)

専門学校を卒業した谷川里彩(今井絵理子)の夢は、広告クリエイター。大手化粧品会社「クリスティーナ」の宣伝部を志望し、なんとか最終面接にたどりつくが、クリエイティブディレクターの本宮礼子(高島礼子)に、化粧品会社にノーメイクで来たことを指摘され、しどろもどろ。面接の失敗で諦めていた里彩だったが、思いも寄らぬ採用通知が届いた。

念願のクリスティーナ宣伝部で働くことになった里彩は張り切るも、やることなすこと裏目。しかし、ある日、突然姿を消したキャンペーンガールの代役に無理矢理引っ張り出されることに。そこで本格的メイクを施された里彩を見た礼子をはじめ、カメラマンの黒川 慎吾(保坂尚輝)やコピーライターの秋葉友之(東儀秀樹)は、その美しさに驚く。

礼子は里彩を「クリスティーナ」のモデルに推すが、元々メイク嫌いでクリエイティブ職にこだわる里彩はどうしても踏み切れない。しかし、黒川や秋葉らの応援もあって、里彩はどうにかモデルとしての第一歩を踏み出した。キャンペーンが始まり里彩のポスターが溢れると、たちまち評判になり、商品も売れる。

本来の夢だったクリエイターへの道が遠ざかることに悩む里彩の心の支えとなったのは、大人の男の包容力を見せる秋葉。里彩はクリエーターとして憧れていた秋葉の優しさに触れ、恋心を抱く。しかし、ある日秋葉と礼子が抱き合っているところを見てしまい……。

「ルージュ」によって新しい自分を発見し、前向きに生きる新社会人のストーリー。中学生時代からトップアイドルとして「SPEED」を駆け抜け、解散した時点でもまだ17歳という今井絵理子が、実年齢よりも少し上の年齢を演じた。20歳の役もさほど違和感なかったのも、同世代よりも早い時期から大人の世界にいたからだろう。

現在の彼女の年齢は33歳。「不倫」騒動以前に、出産し、離婚し、国会議員となり、不倫で世間を賑わせる……何か彼女の「時間」の流れ方が、あまりにも普通とかけ離れすぎていて、同じ尺度で物事を語ろうとしても意味がないような気がしてくる。ただし、税金を使う立場にある「政治家」という位置に彼女を置いた責任の一端は、投票権を行使する国民にもあることだけは間違いない。

【関連記事】

仲間由紀恵とベッドで…柴咲コウとクラブで…  高橋克典“只野”前の存分ワイルド演技~2001年『FACE~見知らぬ恋人』より/懐かし番組表

提供元:テレビPABLO

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア
TOP