TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

テレビ関連ニュース

野村周平の腹黒演技に注目!?『ドクターX』で米倉涼子と4年ぶりの共演

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

野村周平の腹黒演技に注目!?『ドクターX』で米倉涼子と4年ぶりの共演

俳優の野村周平が、10月スタートの新ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子』(テレビ朝日系列、毎週木曜21:00~)のシーズン5に出演する。主演の米倉涼子とは、2013年に放送された連続ドラマ『35歳の高校生』以来、4年ぶりの共演となる。

野村と再会した米倉は「雰囲気がガラリと変わっていてビックリしました! 4年前の野村くんはワイワイ騒がず、静かにみんなを見ているような感じだったんです。でも、今回は自分から率先して明るく周囲と接していて! いろいろ経験して自信もついたんだろうなって、頼もしく思いました」と感無量の様子。一方、野村も「僕のことを覚えてくれてるかなぁ…と不安だったんですけど、ちゃんと覚えてくださっていて、すごく嬉しかったです。目の前で見る大門先生はやっぱりカッコいいし、本当に綺麗! 見とれてしまいました(笑)」と、新たなステージでの再会に心を躍らせているようだ。

今回野村が演じるのは、ゆとり世代の外科医・伊東亮治。専門知識も豊富で、若手医師の中ではオペの腕も高い男だ。もちろん実践力となれば話は別ではあるが、この土台が彼の傲慢さを生み出すことに……。ほかの若手医師のことをどこか見下し、先輩医師たちに対してもまったく臆することなく、時に尊大な態度すら取ることも。そんな男だけに、あの大門未知子と自分が同じレベルの外科医だと思っている節もあり、やがて「東帝大学病院」を揺るがす大騒動を巻き起こすこととなる……!?

この役どころについて、野村は「一言で言うと、ちょっと嫌な感じの男(笑)。嫌味ったらしく話すようにするなど、僕自身の中にある腹黒い部分を(笑)、最大限に絞り出していこうと心掛けています」とコメント。錚々たる役者陣に囲まれながら、野村が堂々と披露する腹黒演技(!?)に注目だ。また、「現場には西田敏行さんをはじめ、大先輩の俳優さんたちがたくさんいるので、皆さんのお芝居を見ているだけでも楽しいです。実は、西田さんにはまだ恐れ多くて近づけなくて……(笑)。でも、僕もアドリブが大好きなので、西田さんのアドリブ攻撃を受けるのが今からすごく楽しみです!」と、語っており大先輩との共演を心待ちにしているようだ。

<第1話あらすじ>
絶景の露天風呂へ足を運んだフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉)は、路線バスに乗車。ところが峠道を走行中、運転手の車田一久(松澤一之)が意識を失い、心肺停止状態に陥ってしまう。慌ててバスを停めた未知子は、車田を蘇生させようとするが、反応は皆無……。偶然通りかかった“謎の女”の助けを借り、医師がひとりで切り盛りする麓の病院へと運び込む。その医師とは、かつて未知子に憧れ、医局を飛び出した外科医・森本光(田中圭)だった! 未知子は森本を助手にして、スピーディーなオペで救命処置を行う。だが、ここは手術室もないような小さな病院で、根治させるためのオペは不可能……。未知子は、近いうちに再度オペをすると言い残し、病院を後にする。

一方、「東帝大学病院」では初の女性院長・志村まどか(大地真央)が、クリーンな医局を取り戻すべく、大改革を推し進めていた。その「東帝大学病院」に、なぜか未知子が出現! 実は、まどかこそは先日出会った“謎の女”……。彼女は最新設備の整った「東帝大学病院」でオペをするのが最善策だと判断して、車田を転院させ、未知子を「東帝大学病院」で雇うことまで決定する。

まもなく、車田の術前カンファレンスの日がやって来た。だが、まどかは何を考えているのか、執刀医から未知子を除外。アメリカにいる心臓外科の世界的権威ジャイケル・マクソン教授に、手術支援ロボットを遠隔操作して執刀するよう依頼した、と発表し……!

その矢先、寿司店を訪れた未知子は、目の前で倒れた有名ジャーナリスト・一色辰雄(升毅)を「東帝大学病院」に搬送する。だが、これが“とんでもない事態”を招き寄せ……!?

【関連記事】

『遺留捜査』科捜研・村木繁のオネエ化が話題に「乱暴にしないでぇ!!」

提供元:テレビドガッチ

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

人気記事ランキング


TOP