テレビ関連ニュース

福士蒼汰“優等生キャラ”卒業寸前!? 良心の呵責に耐える殺人犯の演技が女心をツンツン突く『愛してたって、秘密はある。』

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

福士蒼汰“優等生キャラ”卒業寸前!? 良心の呵責に耐える殺人犯の演技が女心をツンツン突く『愛してたって、秘密はある。』
福士蒼汰(奥森黎役)&川口春奈(立花爽役)/『愛してたって、秘密はある。』-(C)日本テレビ

「Mr.Children」の25周年記念ライブに行ってきました。ヒット曲のシャワーが降り注ぐ幸せな3時間半。隣席の人が引くくらい泣きましたね。そして、奇跡の47歳と呼びたい桜井和寿さんにまた惚れ直して帰ってきました。

さて、今回は『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系)で主演を務めている福士蒼汰さんについて、書いていこうと思います。以前、バラエティ番組で「実家に住んでいます」と公言していて、個人的に好感度が急上昇しました。現在24歳、まだ親に頼って実家に住んでいてほしい。ちなみに“実家男子”って最近、モテるって知っていますか? あ、話し出すと長いのでまたの機会に。

奥森黎(福士)は26歳の弁護士を目指す司法修習生。恋人の立花爽(川口春奈)とは学生時代からの付き合いで、婚約中だ。「一生、愛していく」と決めた相手なのに、黎にはどうしても爽に告白できない過去がある。それは中学生の時に、母親の晶子(鈴木保奈美)とDVの父親を殺害したという悲しい過去。一生、親子で隠し通そうと決めた事件。ただ最近になって父親の遺体を埋めていた庭が掘り返され、殺人を自殺に見せかけようと偽装のために崖から突き落とした父親の車が発見される。一体、なぜ11年も経過した後に…そして秘密を抱えているのは黎だけではなく…。

初回スタート時のこと。罪を抱え、弁護士を目指す黎が

「罪にはそれぞれ事情がある。やむにやまれない状況で追いつめられて、犯罪に手を染めてしまった人を助けられる弁護士になりたい」

と言ってみたり、自首すると言い出したり。良心の呵責にさいなまれること? それとも弁護士を目指すこと? と話しが不明瞭で、どれがストーリーの本筋なのかやや迷子に。

それが4話くらいから、実は出演者のほとんどが秘密を抱えているという大混戦の内容に。爽も、その父親と晶子にも共通の秘密があるなど、貼られていた伏線が動き出して、面白みがグイグイと増してきました。ああ、良かった。

全方位から“いい人”のイメージが浸透している福士さん。それを裏切ることなく、黎も優しさのある“いい男”という設定。愛する婚約者を苦しませたくないと、毎回葛藤する黎。その困った雰囲気が、彼のいい男ぶりを光らせます。そして、その良心をいつも全力で引き止めにかかるのが、母親の晶子なのです。

「嘘を真実にする方法が一つだけあるわ。最後までつき通すの。そうすれば幸せになれる」

そりゃまあ、旦那から理不尽な暴力を受けていたところを愛息が救ってくれたわけですから、庇おうとしますよね。ここで注目は演じる鈴木さん特有の、あの震える声。昔のトレンディドラマを彷彿させてくれるという、私的見どころのひとつです。

最終的に黎は自首をするのか? そしてすべての秘密を操作しているのは、ひょっとして、爽の母親・茜(岡江久美子)のような気もしてきました。公式ホームページの相関図を読むと、児童養護施設で育ち、幸せな家庭に思い入れがあると怪しい匂いのする記述が。もしそうだとしたら、やっぱりドラマを支えるのは確かな演技力を持つ往年の女優2名なんだな、と納得。

福士蒼汰“優等生キャラ”卒業寸前!? 良心の呵責に耐える殺人犯の演技が女心をツンツン突く『愛してたって、秘密はある。』
福士蒼汰(奥森黎役)&川口春奈(立花爽役)/『愛してたって、秘密はある。』-(C)日本テレビ

“壁ドン”ブームのパイオニア、サスペンス出演で大人の男の色気も開花できるか?

福士蒼汰さんと言えば、若手俳優の登竜門でもある戦隊モノ『仮面ライダーフォーゼ』(2011年・テレビ朝日系)で主人公を演じて注目を集め、着実に若手俳優のブレイク街道を疾走中。183cmという高身長は、女優とのバランスが取りづらいと敬遠されがち。ただその高身長を逆手に取ったのが、『きょうは会社休みます。』(2014年・日本テレビ系)で綾瀬はるかさん演じるヒロイン相手に披露された“壁ドン”。この作品以外の映画でもドンドンと壁をど突きまくっていましたが、彼が“壁ドン”ブームのパイオニアだと思います。

さらに思い返すと、彼が日本中に知られるようになったのは、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』(2013年)の種市先輩役。アキ(のん)が背伸びする2人のファーストキスが可愛かったな~。ここを皮切りに数々の作品に出演、そのたびに番宣でバラエティ番組に出演するのですが「実家で母親に起こしてもらっている」「家族が好き」「生まれて初めて行った渋谷でスナップされた」と、純朴でいい子なエピソードしか飛んできません。そして、2014年には第9回「ローマ国際映画祭」で、主演映画『神さまの言うとおり』(2014年)がコンペティション部門に出品さ、独学で取得したという流暢な英語でスピーチを披露して話題に。神は彼に二物も三物も与えたのですね。

最近は俳優として、“いい子キャラ”から卒業し、第二次ステージへ進もうとしているのでしょうか。『モンタージュ 三億円事件奇譚』(2016年・フジテレビ系)以来、今作も含めてですが、サスペンスへの出演が目立ってきた福士さん。個人的にはあと2、3発くらい壁ドンをお願いしたいところですが、深みのある役者へと進化していくには仕方ないのかもしれませんね。

さて『愛してたって、秘密はある。』。スタート時はストーリーのやや邪魔になっていたように見えた、黎の人柄の良さ。抜けきらなかった福士さんのイメージ。それが中盤にきて、秘密の解き明かしを遠ざける良き材料となっています。そして持前の優しさ、家族思いという“いい人”のイメージを活かしつつも、今作では良心の呵責に耐える男の演技を通して、渋い大人の男の色気も開花させて欲しい。このまま、福士さんの俳優としての成長がぐんぐん進むと、優等生キャラも拝む機会が少なくなってくると思うので、今作品でぜひお確かめを。

『愛してたって、秘密はある。』は毎週日曜22時30分~日本テレビ系にて放送。

福士蒼汰“優等生キャラ”卒業寸前!? 良心の呵責に耐える殺人犯の演技が女心をツンツン突く『愛してたって、秘密はある。』
福士蒼汰(奥森黎役)&鈴木保奈美(奥森晶子役)/『愛してたって、秘密はある。』-(C)日本テレビ

【関連記事】

竹内涼真『過保護のカホコ』“ツンデレ全開”日本男児役で、優男役から脱皮「なんなら貸してやろうか、俺の胸!」に胸キュンの嵐

提供元:テレビPABLO

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア
TOP