テレビ関連ニュース

狩野英孝がフルポン村上にマジギレ!視聴者は仲裁のザキヤマを「無双」と称賛

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

狩野英孝がフルポン村上にマジギレ!視聴者は仲裁のザキヤマを「無双」と称賛

狩野英孝が、4月16日に放送された『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系、毎週火曜23:20~)に出演。フルーツポンチ・村上健志と揉めていることが明らかになった。

別の企画だと呼び出された狩野。番組内容が、村上との確執がテーマだと知ると表情が真剣モードになり、「今回のことを企画にしたくもない。(相手が)おいしくなるのが嫌なんですよ」と語る。

飲み会を隠し撮りされ、狩野が本気で怒っていることが明らかとなっていく。『アメトーーク!』(テレビ朝日系、毎週木曜23:20~)で放送された「ありがとう品川」の打ち上げの際、主役は品川庄司・品川祐のはずなのに、村上は自分の出来がどうだったかをしきりに聞いてきた。そのため、先輩の狩野がその場で「いい加減にしろ!」と注意したという。

また、その後に行われたジャングルポケット・斉藤慎二の結婚式での三次会で、再び村上や品川らと飲むことに。前回の件があるためリセットして楽しく飲んでいたのだが、村上がまた蒸し返してきたという。以前から彼に対して違和感を持っていたため、このことが原因で怒りを覚えたとのこと。

ここで、村上もスタジオに登場させて彼の意見も聞くことに。村上は「仲直りとかではなく、狩野さんが一方的に俺のことを嫌いなだけ」と自分は何とも思ってないと話す。しかし、番組では村上の飲み会も隠し撮りし、スタッフが本音を聞きだしていた。

村上は、謹慎していた人に注意されたくないことや、直接言って相手(自分)を傷つけるのではなく、陰口で良いのではないかと力説。酒が進むにつれて「お笑いは自分の方が上」、「(狩野の)髪型やファッションがダサい」などと悪態をついた。

VTR後、狩野は悪口を言われたことは意に介さず、今回のことは「直してほしいから言っている」と話すも、村上は“狩野が自分を嫌っている”という考えは固く「アドバイスを装わないでくださいよ」と言い返す。狩野は村上の取ってつけたような言い方が気に食わなかったのか「ウソでコーティングした言葉とかいらない。全部薄っぺらいんだよ」と言い放った。

番組としては仲裁したかったが、狩野の言葉に村上が言い返す形は変わらず平行線のまま。最後に村上の天敵としても知られるアンタッチャブル・山崎弘也を投入した。

今回の収録を観ていた山崎は明るい口調で「みんなでよってたかって村上くんがかわいそうでしょ~」とスタジオメンバーに注意。しかし「村上くんは陰の芸人の中でもコメント力にパンチがない」、「天才の雰囲気があって凡人の発言しかできない人間を何でそんなに責めるんですか!」など、狩野らに説教していると見せかけて村上をぶった切りしてスタジオを笑わせていた。

終始重苦しい雰囲気だったが、山崎が登場したことでようやく本来の『ロンハー』らしい展開に。インターネット上では「ザキヤマ無双」、「スカッとさせてくれる」、「笑いに変える力半端ない」と山崎の芸人力に絶賛の声が上がっていた。

【合わせて読む】

乃木坂46山下美月演じるマイに、健人が下した命令とは?「セックス出来たらゴールだ」

提供元:テレビドガッチ

関連記事