テレビ関連ニュース

東出昌大、落語家・志ん生が天才と呼ばれるゆえんに迫る!

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

東出昌大、落語家・志ん生が天才と呼ばれるゆえんに迫る!

NHK大河ドラマ『いだてん』(NHK総合、毎週日曜20:00~)で、ビートたけしが演じて話題の志ん生。3月26日(火)23時から放送される『落語ディーパー!〜東出・一之輔の噺(はなし)のはなし〜』(Eテレ)では、東出昌大が古今亭志ん生の孫弟子にあたる古今亭菊之丞をゲストに迎え、志ん生が天才と呼ばれるゆえんに迫る。

同番組は、「若い世代が落語を知らないなんてもったいない!」と落語に魅せられた東出が春風亭一之輔たち落語家と、毎回ひとつの演目を取り上げてトーク。名人のお宝映像やスペシャルゲストも登場する。

今回、取り上げるのは、一門のお家芸ともされる「火炎太鼓(かえんだいこ)」。落語の中でも一二を争うハッピーエンドが気持ちのよい噺(はなし)だ。一門が大切にしてきたのには理由があるそうだが、いったいどんないきさつが? 落語に出てくる「いい女」を演じるための工夫を語る菊之丞に、一同が納得する。

【合わせて読む】

『秘湯ロマン』の“厳選回”が配信決定!『人生の楽園』も9回分が配信

提供元:テレビドガッチ

関連記事