テレビ関連ニュース

八木亜希子:日曜劇場「集団左遷!!」で福山雅治と夫婦役 「私でいいの!?」

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

八木亜希子:日曜劇場「集団左遷!!」で福山雅治と夫婦役 「私でいいの!?」

 フリーアナウンサーの八木亜希子さんが、4月から福山雅治さん主演でTBS系の人気連続ドラマ枠「日曜劇場」で放送される「集団左遷!!」に出演することが13日、分かった。福山さん扮(ふん)する主人公・片岡洋の妻のかおりを演じる。八木さんは2017年に同じ「日曜劇場」で放送された「陸王」でナレーションを担当していたが、女優としては今回が「日曜劇場」初出演となる。

 八木さん演じるかおりは、50歳を目前にして廃店が決まっている三友銀行蒲田支店の支店長となる片岡(福山さん)の妻。自身も元銀行員で、夫の大変さを理解したうえで、決して前に出過ぎず、さりげなく彼を支える……という役どころだ。また、たわいもない夫婦の会話が片岡の心を解きほぐすなど、劇中の重要なエッセンスになっていくという。

 八木さんは「最初に福山さんの妻役と伺った時は『私!? 私でいいの!?』と思いました。撮影初日は緊張していましたが、シーンの撮影が進むにつれて、お互いコミカルなお芝居になっていき、とても楽しかったです」と明かていて、「ちょっとコミカルな奥さんのかおりと息子が洋君をただひたすらに支えていき、原動力になれたらと思います。あぁこんな夫婦もいるなぁと思ってもらえたらうれしいです。頑張ります!!」と意気込んでいる。

 ドラマは、江波戸哲夫さんの小説「新装版 銀行支店長」「集団左遷」(共に講談社文庫)が原作。福山さん演じる銀行員の片岡は、廃店が決定している蒲田支店の支店長を命じられるが、上層部からは「頑張らなくてもいい」と言われ、困惑。自分の立ち位置に葛藤し、廃店を知らずに、頑張る部下たちを目の当たりにし、思い悩む……。蒲田支店の副支店長の真山徹役で香川照之さんも出演する。

 真山の妻・有里役で西田尚美さん、片岡の幼なじみである青島憲二(チンタオ)役で赤堀雅秋さん、鈴木将之(パチ)役でパパイヤ鈴木さんも出演することが決定している。

 ドラマ「集団左遷」は4月21日から毎週日曜午後9時に放送。初回は85分スペシャルとして放送される。

【合わせて読む】

【写真特集】八木亜希子のパジャマ姿が可愛い! 香川照之の妻役はこの人… 期待しかない!!

提供元:MANTANWEB

関連記事