テレビ関連ニュース

『リバース』藤原竜也が演じる“キモヲタ”ぶりに感じた天才肌…キスしたくない男No.1に推薦したい

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

『リバース』藤原竜也が演じる“キモヲタ”ぶりに感じた天才肌…キスしたくない男No.1に推薦したい

共演者の存在を薄くする“冴えない”演技

ホントに体が重いな、と思ったのでダイエットをすることにしました。女の一生は、重力と体重計の攻防戦。でも20代と違うのは真剣に“健康”を考えて取り組むということです。押忍。今回は実力派…、いや日本を代表する…、いやもう至宝と言うべき俳優・藤原竜也さんについて。現在放送中の『リバース』(TBS系)では、彼のイメージからはほど遠い、冴えない役を演じています。期せずして同クールの『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)の桐谷美玲さんと地味役対決となったわけですが、個人的に藤原さんに一票を投じたいと思います。

深瀬和久(藤原)は、コーヒーを美味しく淹れることができることだけが取り柄の自尊感情の低い会社員。そんな彼にも、大学時代から親しくしている友人グループがある。浅見康介(玉森裕太/Kis-My-Ft2)、谷原康夫(市原隼人)、村井隆明(三浦貴大)の3人に加えて、広沢由樹(小池徹平)。実は、広沢は10年前にグループで出かけた旅行で命を落としている。その原因は交通事故。初心者で飲酒をしていると分かっていても、広沢に運転を強いたと言う秘密を隠したまま、10年後に事件が動き始める。

初めに作品について触れておこう。この『リバース』は、キャスティングが絶妙だ。その中でも気になったのは、亡くなった広沢役の小池。深瀬と同様に目立つことが苦手で優しいと言うキャラクターと、彼のビジュアルが大ハマり。そして、高校教師役の玉森も少し控えめにしながらも、実はイケメンという見た目がいい。玉森は「Kis-My-Ft2」のメンバーでバリバリのアイドル。上から目線で申し訳ないが、同じくTBSで放送された『ぴんとこな』(2013年)とは見違えるほど演技力が上がっている。

そして、深沢の彼女役には、主役女優クラスの戸田恵梨香。脇を固めるのは「ハイ、注目~!」の武田鉄矢に、“火サス”『火曜サスペンス劇場』(日本テレビ系)の女王・片平なぎさ。

と、豪華なキャスティングを聞いているだけでも楽しい。普通ならドラマはここで完結するのだが、この魅惑のラインナップを破壊する演技が登場する。

それが藤原扮する、深瀬の冴えない男っぷりだ。

まずコーディネートが、恐ろしくダサい。どこからリースをしてくるのが不思議になるほどの、ダッサい兼時代遅れアイテムのオンパレード。

オンタイムは、この時代にまさかの(ベストとは呼びがたい)チョッキを毎回欠かさない。しかも柄も今ひとつのセンスで、ネクタイの柄との相性は最悪なのである。これにリュックを背負うのが、深瀬のスタイルだ。

オフタイムは、やたらカラフルで蛍光色が目立つ。緊迫したシーンなのに、パステルグリーンとイエローのボーダーロンTを着ていたのには吹いた。干してある洗濯物を見ると、カラフルな千鳥格子の靴下が干されている。この番組のスタイリストさんは絶対に凄腕だと確証した。

しかもこれらを真面目に着こなしているのが、俳優・藤原竜也なのだ。

八重歯が光るあの破顔さえも冴えない役作りの材料に

彼の役づくりはビジュアルだけではない。話し方、動作、全てにおいて自信のなさが完璧に表現されている。そして周囲の人間の行動を止めてしまうほど、タイミングが悪い。

第2話では、事件を追いかけるジャーナリストが自分の運転する車に乗り込んでくると「乗らないでぇぇぇ!!!」と突然叫ぶ。ミステリーだったはずのドラマが一瞬にしてコメディ化した。

また、深瀬はよく泣く。第3話では、愛しの彼女とうまくいかないと嘆き、突然号泣していた。「…う、う、うわああああああああ(泣)」、しかも、場所は浅見の勤務する高校である。帰り際は浅見からきちんと帰れるのかと心配されるほど嗚咽していた。同じく第5話でも、友人の恋が終わったことを本人よりも先に泣いていた。そして、八重歯を見せてわざとらしそうに笑うのも深瀬流。ネット上でも「もう可愛いの域だ」との賞賛の嵐だった。

もう一度言おう、並べてきた一連を自分の手中にして、キモヲタを完璧に演じきっているのは俳優・藤原竜也だ。その凄さをこうやって言葉にして表現するとダサい、キモい、センスがないとディスっているようにしか読めないのだけど、断じて違う。

彼は故・蜷川幸雄の申し子と呼ばれ、舞台で自らの道を開拓した役者だ。きっと将来的には歴史に残っていく人なのだと思う。

よく「イケメンだから」「かっこいいもんね」と台詞上で言われる役者がいる。私は思う。色々タイプはあるけど、役者は美しくて当然。でもそこを敢えて演技上でも突かれるのは、どうなのか疑問だ。

でも今回、藤原の敢えて不細工に徹底する演技は、そういったセオリーを覆してくれたような気がしてならない。あと数回の放送、深瀬くんがどんな柄を着てくれるのか心待ちにしておこう。

『リバース』は毎週金曜22時~TBS系にて放送。

【関連記事】

『リバース』藤原竜也、原作者・湊かなえを前に「試験を受けているような気分」

提供元:テレビPABLO

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア
TOP