TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

テレビ関連ニュース

堺正章がフット後藤に名付けた芸名とは?

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

堺正章がフット後藤に名付けた芸名とは?

5月29日(月)19時から放送される『マイネームSHOW』(TBS系列)の収録が、先日都内で行われ、MCの堺正章と後藤輝基(フットボールアワー)が見どころを語った。

日本人の苗字と名前の謎を解き明かす同番組。収録後、後藤は「名前は全員にある。そこに考えもしない秘密があったり、その名前ゆえの悩みを持っていたりする。見た後に家族で名前にまつわる話ができる番組だと思います」とコメント。堺も「やっていて勉強になりました」としみじみ語った。

また後藤は、実は自身の名字を気に入っていないことを告白。「鼻濁音から始まるのがすごく嫌で……。斉藤とかが良かったもっと爽やかな方が良かった。フルネームも画数も多いし、漢字も固いし」と呟き、「芸名がある方が羨ましい」と続けると、報道陣に促された堺が後藤に突然「大平純」と命名。「顔が昭和」という理由だそうだが、後藤は「本当につけようかな?」とまんざらでもない様子を見せた。

「堺」は芸名で、本名は「栗原」だという堺は「堺を使っている時はスイッチを入れている時。栗原に戻ると、自分のペースでいられるので、僕は使い分けができている。そういう意味では、名前を2つに持っていることを有利に働かせたいと思って生きてきた」と熱弁。一方で、「最近は新聞を見ていても(堺)雅人の方が多いけどね」と苦笑していた。

【合わせて読む】

【写真】堺正章とフット後藤

提供元:テレビドガッチ

関連記事