テレビ関連ニュース

小栗旬&ムロツヨシ出演『二つの祖国』場面写真が解禁!

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

小栗旬&ムロツヨシ出演『二つの祖国』場面写真が解禁!

小栗旬が主演の、3月23(土)、24日(日)に放送されるテレビ東京開局55周年特別企画『二つの祖国』(テレビ東京系、二夜とも21:00~)の場面写真が初解禁となった。

テレビ東京では、3月23日(土)と24日(日)の2夜連続で開局55周年を記念した大型特別番組が放送される。23日は、『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(18:30~)、『二つの祖国・前編』(21:00~)。24日は『緊急SOS!池の水全部抜く大作戦』(18:30~)、『二つの祖国・後編』(21:00~)と注目番組が並ぶ。

本作は、山崎豊子による発行部数250万部突破のベストセラー「二つの祖国」を原作とし、1900年代、第二次世界大戦前・中・後のアメリカと日本が舞台の日系アメリカ人二世たちの、愛と奇跡の青春群像劇。小栗は、日系二世でロサンゼルス・リトルトーキョーの日本語新聞社「加州新報」の記者である主人公・天羽賢治を熱演する。アメリカ人であると同時に日本人であることに誇りを持つ賢治と、ムロツヨシが演じるアメリカで成功するため日本人であることを捨て去ろうとするチャーリー田宮。数々の作品で共演を果たしてきた小栗とムロだが、これまでとは全く違うシリアスで微妙な人間関係を演じる。火花を散らすが如くの、バチバチの対立劇は必見だ。

そしてこのたび、賢治とチャーリーの豪華共演シーン写真が初解禁となった。1枚目は日米開戦後、アメリカ軍の言語兵のリーダーとしてフィリピンのバギオに渡った賢治と、マッカーサー司令部で中尉となったチャーリーがその戦況について言葉を交わす緊迫のシーン。そしてもう1枚は終戦直後、連合国側の人間として東京裁判の審理をモニターする重責を担った賢治と、マッカーサー元帥の副官にまで上り詰めたチャーリーが将校クラブで顔を合わせるシーン。軍服姿の二人の様子はこれまでの共演作品とは違う一面を見せる、『二つの祖国』ならではのシリアスかつ貴重なワンシーンとなる。旧友でありながら、激動の時代の中で宿命のライバルへと変わっていく二人の関係。実はこの二人、愛する人をめぐり対立する恋のライバルでもあった。その恋のお相手は後日発表を予定している。

<あらすじ>
アメリカで生まれた日系二世の天羽賢治(小栗)は日本で教育を受けた後、UCLA で学び、卒業後はロサンゼルスの邦字新聞「加州新報」の記者として働いていた。賢治は社説で「良き日本人たろうと努力することが、立派なアメリカ市民たり得る」と説き、自らもその生き方を貫こうとしていた。

職場の同僚・梛子は賢治の UCLA 時代の同級生・チャーリー田宮(ムロ)と交際しており、賢治は2人の交際に複雑な思いを抱きながらも、梛子の友人で二世のエミーと結婚した。だが、太平洋戦争が始まり、賢治を取り巻く状況は一変する。賢治や父・乙七(松重豊)、母・テル(麻生祐未)ら日系人たちはマンザナールの強制収容所に送られ、不自由な生活を強いられる。やがて、日系人の中からアメリカ陸軍への徴兵を募ることになり、日系二世はアメリカか日本か、どちらの国に忠誠を誓うか、選択を迫られる。

賢治の末の弟・勇(新田真剣佑)は日系人部隊に志願し、賢治は情報戦で戦争を早期終結させようと、陸軍情報部で日本語教官や暗号解読の仕事に就く。一方、開戦当時に日本で教育を受けていた弟の忠(高良健吾)は、日本兵として徴兵され、フィリピンの戦地へと送られる。そんな中、賢治も語学兵のリーダーとしてフィリピンへ向かうが……。日本とアメリカ「二つの祖国」の狭間に立たされた賢治を待ち受ける運命とは!?

【合わせて読む】

『JOKER×FACE』主演・松本穂香が『脱力タイムズ』にゲスト出演「コントに興味があったんです…」

提供元:テレビドガッチ

関連記事