テレビ関連ニュース

“戸籍のない人”が壮絶な過去&思い描く未来を語る『ねほりんぱほりん』

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

“戸籍のない人”が壮絶な過去&思い描く未来を語る『ねほりんぱほりん』

2月13日放送のトーク番組『ねほりんぱほりん』(NHK Eテレ、毎週水曜23:00~)は、戸籍のない人の壮絶な人生に迫る。

同番組は、顔出しNGの訳ありゲストはブタに、聞き手の山里亮太(南海キャンディーズ)とYOUがモグラの人形に扮することで、「そんなこと聞いちゃっていいの?」という話を“ねほりはほり”聞き出す新感覚のトークショー。作り込まれた人形劇と、聞いたこともないような人生の裏話が合体した異色の番組だ。

親が出生届を出さなかったために戸籍を持たない人は、日本で700人ほどいると言われいて、彼らは「自分はいったい何者なのか」という深い葛藤を抱えながら、本人証明書が必要な場面を避けたり、人目に触れないようにしたりして生きているという。

教育や仕事、結婚……30年以上戸籍を持たずに生活してきた男女が、これまでたどってきた壮絶な過去と現在、そして思い描く未来を語る。

【合わせて読む】

第二次世界大戦末期に生まれた初恋のミステリー、70年越しに明らかに!?『アンビリバボー』

提供元:テレビドガッチ

関連記事