テレビ関連ニュース

IKKOとチョコプラ松尾を聞き分けられる?利きIKKO選手権を開催『水曜日のダウンタウン』

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

IKKOとチョコプラ松尾を聞き分けられる?利きIKKO選手権を開催『水曜日のダウンタウン』

2月13日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系、毎週水曜22:00~)では、「IKKOとチョコレートプラネット松尾、もはや身近な人でも声聞き分けられない説」などを放送する。

ダウンタウンがMCを務める同番組は、確かな裏付けや科学的根拠がなかろうと、個人が妄信的に信じ込む“説”を芸能人・有名人たちが独自の目線と切り口でプレゼン。その“説”についてスタジオメンバーと激論を交わしながら展開していく。

同日はプレゼンターとして、川島明(麒麟)、ダイアン、たむらけんじ、パネラーとして、木下優樹菜、具志堅用高、小沢一敬(スピードワゴン)、IMALUが出演する。

IKKOとIKKOのモノマネをするチョコレートプラネットの松尾駿の「利きIKKO選手権」に挑戦するのは、鈴木奈々、中川パラダイス(ウーマンラッシュアワー)、ナダル(コロコロチキチキペッパーズ)、太田博久(ジャングルポケット)、そして松尾の相方である長田庄平。「背負い投げ~!」など、例の発声をどちらが言った声なのか、間違えた場合「背負い投げ」などの発した言葉が罰として降りかかる。

また、「“奇人”芸人No.1決定戦」も。西村瑞樹(バイきんぐ)、菊田竜大(ハナコ)、ロッシー(野性爆弾)の中で一番の“奇人”は誰かを探る。

さらに、仙人みたいなおじいさんの笑い声「フォッフォッフォ」説を検証。巷で仙人と呼ばれている人の笑い声を調査する。

【合わせて読む】

第二次世界大戦末期に生まれた初恋のミステリー、70年越しに明らかに!?『アンビリバボー』

提供元:テレビドガッチ

関連記事