テレビ関連ニュース

織田裕二『世界陸上』20年目のメインキャスターに喜び!「とにかく熱が凄い」

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

織田裕二『世界陸上』20年目のメインキャスターに喜び!「とにかく熱が凄い」
“ボルトポーズ”をキメる織田裕二&中井美穂/『世界陸上ロンドン』-(C)TBS

織田裕二が、8月4日(金)から放送される『世界陸上ロンドン』(TBS)のメインキャスターを中井美穂と共に務めることが発表された。2人がメインキャスターを務めるのは、1997年のアテネ大会以来ちょうど20年目、11大会連続のとなる。

20年目という節目となった織田・中井のゴールデンコンビ。今回は現地ロンドンから10日間、過去最長の93時間にわたって放送する。番組コンセプトは「すべてがつながる瞬間がある」。アスリートたちの世界最高峰のパフォーマンスとともに、織田のハイテンション実況にも期待がかかる。

今大会の最大の注目は、この大会での引退を表明している“人類最速の男”ウサイン・ボルト(ジャマイカ)のラストラン。世界陸上とオリンピックで合計19個の金メダルを獲得してきた生きる伝説が、この夏ロンドンで20個目の金メダルを獲得するのかに熱視線が注がれそうだ。

今回も抜擢を受けて織田からは熱いコメントが寄せられている。

この20年のあいだ、思い入れの強かった選手の引退には寂しい思いをしてきましたが、次々と現れる新星たちを一生懸命追っかけてきたので、感慨にふけるようなヒマは無かったですね。ただ今回に限って言えば、ボルトの引退というのはとても大きなことです。ボルトは、人を楽しませるのが凄く上手で、セルフプロデュース能力も凄く高いから、ロンドンでのラストランでどんなストーリーを見せてくれるのでしょうか。ボルトにとってはこれで「終わり」なんですけど、ライバルの若い選手たちにとってはこれが「始まり」だと思います。その終わりと始まりが「つながる瞬間」に何を見せてくれるのか、今からとても楽しみです。

楽しみといえば、ロンドン大会ということで、久しぶりのヨーロッパ開催にもワクワクしています。アジアとは一味違うヨーロッパの陸上人気。とにかく「熱」が凄いです。スタジアムのお客さんが選手と一体となって競技を作っていくので、拍手の大きさなどで陸上の見方を教わる気がします。100メートルみたいな注目競技だけではないところでも凄い歓声があがるし。「ああ、こういう陸上の楽しみ方もあるのだな」って、気づかされます。

今回の放送は10日間で93時間だっていう話を聞きました(笑)。前回が64時間だったので…一気に1.5倍も延びています(笑)。8月だから夏休みをとってもらって、毎日朝までお付き合いください。スポーツはドキュメントなので、本当に何が起こるか分からないじゃないですか。世界最高のドキュメントをライブで楽しみましょう。

「第16回世界陸上競技選手権大会」は8月4日(金)~13日(日)の期間で開催。

『世界陸上ロンドン』は8月4日(金)~放送。

織田裕二『世界陸上』20年目のメインキャスターに喜び!「とにかく熱が凄い」
20年目のメインキャスターを務める織田裕二&中井美穂/『世界陸上ロンドン』-(C)TBS

【関連記事】

福澤アナ、スポーツニュース“真央一色”で懇願「ハーフ・ハーフでとは言いません」

提供元:テレビPABLO

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア
人気記事ランキング

TOP