テレビ関連ニュース

クドカン×堤幸彦×長瀬智也! 窪塚洋介も坂口憲二も妻夫木聡も山下智久…そして高橋一生も!光るキャスティング~2000年『池袋ウエストゲートパーク』より/懐かし番組表

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

クドカン×堤幸彦×長瀬智也! 窪塚洋介も坂口憲二も妻夫木聡も山下智久…そして高橋一生も!光るキャスティング~2000年『池袋ウエストゲートパーク』より/懐かし番組表
2000年4月21日のテレビ欄(出典:『テレパル』第9号・東版)

地上デジタル放送化に伴い、テレビ番組表というものから遠ざかってしまった人もきっと数多いだろう。WEBメディア『テレビPABLO』では、そんな大人のためにかつての番組表を紐解きながらタイムトリップをお届けしたい。ウン年前の今日、夢中になって観ていたテレビは何だったのか? テレビ情報誌『テレパル』(小学館刊)の番組表と共に、当時の世相を振り返ってみよう――今日は2000年4月21日にタイムスリップ。

17年前の今日、2000年4月21日の『テレパル』番組表からはTBS21時『池袋ウエストゲートパーク』に注目する。主人公の“池袋のトラブルシューター”マコトを演じたのはTOKIOの長瀬智也。それまで素朴でどこか垢抜けない役柄が多かった長瀬智也のハジけたおバカぶりと、宮藤官九郎脚本、堤幸彦演出による独特の世界観や散りばめられた小ネタがドラマファンに新鮮な衝撃を与えたヒット作だ。主題歌はSADSの『忘却の空』。

クドカン、堤幸彦の名はこの作品によって若者の心に刻まれることになり、後にそれぞれの名がクレジットされるものはそれだけで「クドカンワールド」「堤幸彦ワールド」と言われるようになった。また、窪塚洋介、坂口憲二、妻夫木聡、山下智久、小雪、佐藤隆太、阿部サダヲ、高橋一生など、このドラマ以降に大きくブレイクしていく俳優も多数出演していた。

2000年4月21日『池袋ウエストゲートパーク』(TBS)/ナンパ、ケンカ、クスリ、エンコー、コギャル、パラパラ、カラーギャングとその抗争……世紀末の不良のリアリティー

クドカン×堤幸彦×長瀬智也! 窪塚洋介も坂口憲二も妻夫木聡も山下智久…そして高橋一生も!光るキャスティング~2000年『池袋ウエストゲートパーク』より/懐かし番組表
『池袋ウエストゲートパーク』(TBS)/2000年4月21日のテレビ欄(出典:『テレパル』第9号・東版)

長瀬智也が演じた主人公は真島誠(通称・マコト)。地元池袋の工業高校卒業後定職に就かず実家の「真島フルーツ」を手伝ったり賭けボウリングで小遣い稼ぎをしながら池袋西口公園周辺で遊んでいる日々。そんなマコトの相棒はボーリング上でアルバイトをしている大学生のマサ(佐藤隆太)。ある日マコトとマサは地方から出てきて東京のデザイン専門学校に通うシュン(山下智久)と出会う。

マコト、マサ、シュンの3人はいつもの池袋西口公園で女子高生のヒカル(加藤あい)とリカ(酒井若菜)と知り合い、5人で遊ぶようになるが、その夏連続女子高校生殺人事件が発生、リカもラブホテルで遺体となって発見される。マコトは高校時代の同級生で池袋のギャング「G-Boys」を率いる“キング”ことタカシ(窪塚洋介)や、中学生時代の同級生で今は暴力団構成員のサル(妻夫木聡)らの力を借りながら、事件を追う……。

全11話の平均視聴率は14.9%(ビデオリサーチ関東地区調べ)と、決して高いとはいえないが、2000年当時の高校生や大学生の世代からは圧倒的な支持を受けていた。2000年当時の生々しい夜の若者の世界を、実在する東京・池袋の西口公園を舞台にドラマにして、暴力や殺人、ドラッグや性風俗までストレートに描いたのだから。しかも深夜放送ではなくゴールデンタイムのドラマでそれを実現した裏には制作関係者のなみなみならぬ意欲と工夫があったことは想像に難くない。

そして、出演者の贅沢なこと! 「真島フルーツ」の女主人でネズミ講にハマっているマコトの母に森下愛子、真島フルーツでバイトすることになる元モデルに小雪、池袋警察署長には世界の渡辺謙、実はマコトの父であるホームレス集団の頭にクレイジーケンバンドの横山剣。

そういえば当時はちょっと地味だったが、マコトの中学時代の同級生で元ひきこもりのパソコンおたくの役で、今をときめく高橋一生も出演していた。細かいところでは、「G-Boys」のメンバーとして無名時代の小栗旬の姿も……。

テレビの視聴環境はどんどん変わっていくのに、「視聴率」はその調査方法もサンプル数もほとんど変わらないまま、いまだに番組の評価基準として君臨しているが、平均15%に満たなかった『池袋ウエストゲートパーク』が与えたインパクト、後のドラマ界に与えた影響を考えると、改めて「視聴率も大事かもそれないけど、それだけじゃないよね」と思う。

ところで2000年当時、携帯の着信音をマコトと同じSteppenWolfの『Born To Be Wild』にしていた人は、いないだろうか? 懐かしかったら「いいね」をぜひ!

【関連記事】

高橋一生&吉岡里帆の出世作『カルテット』はやっぱり凄かった! 「ギャラクシー賞」受賞

提供元:テレビPABLO

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア
TOP