テレビ関連ニュース

『リバース』藤原竜也、原作者・湊かなえを前に「試験を受けているような気分」

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

『リバース』藤原竜也、原作者・湊かなえを前に「試験を受けているような気分」
藤原竜也&戸田恵梨香&湊かなえ(原作者)/『リバース』トークイベント

4月14日(金)から放送の金曜ドラマ『リバース』(TBS)のプレミア試写会&トークイベントが都内で行われ、主演を務める藤原竜也をはじめ、共演の戸田恵梨香、原作者の湊かなえが出席した。藤原は、これまで数々の作品がドラマ化や映画化されてきた湊を交えて試写会に「湊先生と一緒に作品を見ると、試験を受けているような気分ですね」と苦笑いを浮かべていた。

本作は湊かなえの同名小説を、藤原、戸田に加え、三浦貴大、門脇麦、玉森裕太(Kis-My-Ft2)、小池徹平、市原隼人ら若手俳優を迎え連続ドラマ化。「僕の親友を殺したのは誰だ?」のキャッチフレーズのもと、友情や贖罪、美しき愛が、濃密な人間関係のなかで描かれる。

「イヤミスの女王」と呼ばれる湊の作品に出演した藤原は「オファーをいただいてとても嬉しかったのですが、撮影が長野県の雪山で始まり、当時は-21度という極寒、しかもほぼオールロケで、シーンも多くとても大変でした」と撮影を振り返ると、湊は「撮影の前に藤原さんと対談をさせていただいたとき、とてもシュッとされていて、こんな方が“冴えない深瀬”を演じられるのかなと思っていたのですが、『もっと頑張りなよ!』と思うぐらい深瀬になっていました」と藤原の演技を絶賛する。

また戸田演じる美穂子についても、湊は「深瀬を見ているときと、見ていないときの表情の違いが伝わってきて、役者さんって本当にすごいなって思いました」と賛辞を送ると、「普段わたしは小説を書くときは絶対に当て書きをしないのですが、現場での撮影を見させていただいたあと、自分の本を読んだら藤原さんと戸田さんの顔しか出てきませんでした」とベストなキャスティングであることを喜んでした。

藤原と戸田は映画『デスノート』以来、約10年ぶりの共演となるが、戸田は「このタイミングでご一緒できるとは思っていなかったので、嬉しかったのですが、当時、わたしは10代だったので、なんとなく恥ずかしさもありますね」と感想を述べると、藤原は「何の違和感もなくスムーズに現場へ入れたのがありがたかったです」と戸田の立ち振る舞いに感謝していた。

本作は、原作で描かれている部分が9話で終わり、最終話はオリジナルのストーリーが展開されるという。湊は「最終回は本のラストの続きが描かれているようなので、わたしも最後はファンとして見届けたいと思います」と期待に胸を膨らませていた。

金曜ドラマ『リバース』は4月14日(金)より、毎週金曜22時~TBS系にて放送。

  • 『リバース』藤原竜也、原作者・湊かなえを前に「試験を受けているような気分」
    藤原竜也/『リバース』トークイベント
  • 『リバース』藤原竜也、原作者・湊かなえを前に「試験を受けているような気分」
    戸田恵梨香/『リバース』トークイベント
  • 『リバース』藤原竜也、原作者・湊かなえを前に「試験を受けているような気分」
    湊かなえ(原作者)/『リバース』トークイベント
  • 『リバース』藤原竜也、原作者・湊かなえを前に「試験を受けているような気分」
    藤原竜也/『リバース』トークイベント

【関連記事】

藤原竜也主演で湊かなえ『リバース』ドラマ化! 戸田恵梨香と『デスノート』以来10年ぶり共演

提供元:テレビPABLO

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア
人気記事ランキング

TOP