テレビ関連ニュース

木村拓哉、17年前の今夜は美容師でTBS主演40%越え!「だったら俺があんたのバリアフリーに…」~2000年『ビューティフルライフ』より/懐かし番組表

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

木村拓哉、17年前の今夜は美容師でTBS主演40%越え!「だったら俺があんたのバリアフリーに…」~2000年『ビューティフルライフ』より/懐かし番組表
2000年3月19日のテレビ欄(出典:『テレパル』第6号・東版)

地上デジタル放送化に伴い、テレビ番組表というものから遠ざかってしまった人もきっと数多いだろう。WEBメディア『テレビPABLO』では、そんな大人のためにかつての番組表を紐解きながらタイムトリップをお届けしたい。ウン年前の今日、夢中になって観ていたテレビは何だったのか? テレビ情報誌『テレパル』(小学館刊)の番組表と共に、当時の世相を振り返ってみよう――今日は2000年3月19日にタイムスリップ。

今から17年前の今日、2000年3月19日の『テレパル』番組表からはTBS21時『ビューティフルライフ』にフォーカスを当てる。2017年の今日も日曜日、同じTBS“日曜劇場”枠で木村拓哉主演の『LIFE~愛しき人~』が最終回。同じ木村拓哉主演で、タイトルに“ライフ”が入り、主題歌もB’zという“つながり”。17年前の今日の『ビューティフルライフ』は最終回1つ手前の第10話だった。巷の話題は『ビューティフルライフ』がどこまで視聴率を伸ばすのか、にあふれていた。

現在44歳の木村拓哉が27歳、SMAP絶頂期の2000年。木村拓哉演じる美容師と常盤貴子演じる難病の図書館司書の恋を“恋愛ドラマの神様”北川悦吏子が脚本を手掛け、全11話中30%以上が9回、30%を切った回でも28.4%と29.7%、最終回はなんと41.3%という脅威の視聴率(ビデオリサーチ関東地区調べ)をマーク。この数字は2013年同枠で放送された『半沢直樹』に抜かれるまでの13年間、「平成の連ドラ視聴率最高記録」をキープした。

2000年3月19日『ビューティフルライフ』(TBS)/みんな“キムタク”に憧れ、男子はチェックのネルシャツが流行、美容師志望者も増えた

  • 木村拓哉、17年前の今夜は美容師でTBS主演40%越え!「だったら俺があんたのバリアフリーに…」~2000年『ビューティフルライフ』より/懐かし番組表
    『テレパル』2000年第6号・東版の表紙
  • 木村拓哉、17年前の今夜は美容師でTBS主演40%越え!「だったら俺があんたのバリアフリーに…」~2000年『ビューティフルライフ』より/懐かし番組表
    『ビューティフルライフ』(TBS)/2000年3月19日のテレビ欄(出典:『テレパル』第6号・東版)

沖島柊二(木村拓哉)は青山の人気美容室「ホットリップ」のスタイリスト。同期の川村悟(西川貴教)はその天真爛漫さを売りに人気タレントも数多く担当するトップスタイリストだが、柊二は愛想が悪くマイペースなので、客からのクレームも多い。だがその腕は確かで悟は柊二に一方的にライバル心を抱いている。

町田杏子(常盤貴子)は新小岩の酒店の次女で、青山学院近くの図書館で司書をしている。病気のため17歳から車椅子での生活だが、ハンデを感じさせないほど明るく気が強い。

そんな2人が知り合うところから物語は始まる。杏子はこれまでの周囲とちがって自分に健常者と同じ態度で接する柊二に、徐々に惹かれていく。第3話でキス、第4話で柊二がトップスタイリストとして人気が出て、第6話で杏子は車椅子の同級生からプロポーズされ柊二の前にはかって彼が憧れていた女性が姿を現し……2人の心はすれ違う。

そして第9話で杏子は柊二から部屋の鍵を渡され、ようやく平穏な日々が……というところで、杏子の寿命が残り少ないことが判明。事態を冷静に受けとめているかに見えた杏子だったが、突如姿を消すことに。

そういう流れで、17年前の今夜、第10話が放送された。2人の絆は深まるが、現実は厳しい。ホットリップは業績悪化で倒産し、検査の結果、杏子は入院することに。こうした中で2人はより強く互いを思いあう。そして病院を抜け出した杏子は柊二に「抱いてほしい」。

序盤から、常盤貴子のモノローグが最後に杏子の死という結末があることがわかっている。そこに奇跡など起こる隙間もないほどに。それでも視聴者は、2人を最後まで応援せずにはいられなかった。“恋愛ドラマの神様”北川悦吏子が散りばめたグッとくるセリフの数々に世の女性たちはキュンキュンしまくり、世の男子たちはキムタクのチェックのネルシャツ(ちょっと前までは“おたく”の象徴的アイテムでもあった)が流行り……2000年代最初のクールで、社会現象となるドラマが生まれ、“キムタク神話”はTBSの“日曜劇場”とフジテレビの“月9”を往来しながら2000年代を駆け抜けた。。

あれから17年。今夜最終回の『LIFE~愛しき人~』は、SMAPが解散して初めての、木村拓哉主演ドラマ最終回。“キムタク神話第二章”で、これまでと違うキムタクを発見するために、じっくりと鑑賞したい。

【関連記事】

『A LIFE~愛しき人~』木村拓哉が演じるからこそより輝く“職人外科医”

提供元:テレビPABLO

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア
TOP