テレビ関連ニュース

中山美穂がダウンタウン・浜田と旅館で悶々…絶妙男女の掛け合い~1994年『もしも願いが叶うなら』より/懐かし番組表

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

中山美穂がダウンタウン・浜田と旅館で悶々…絶妙男女の掛け合い~1994年『もしも願いが叶うなら』より/懐かし番組表
1994年3月11日のテレビ欄(出典:『テレパル』第5号・東版)

地上デジタル放送化に伴い、テレビ番組表というものから遠ざかってしまった人もきっと数多いだろう。WEBメディア『テレビPABLO』では、そんな大人のためにかつての番組表を紐解きながらタイムトリップをお届けしたい。ウン年前の今日、夢中になって観ていたテレビは何だったのか? テレビ情報誌『テレパル』(小学館刊)の番組表と共に、当時の世相を振り返ってみよう――今日は1994年3月11日にタイムスリップ。

23年前の今日、1994年3月11日の『テレパル』番組表からはTBS21時『もしも願いが叶うなら』に注目する。主演は当時“連ドラの女王”的位置づけだった中山美穂。人気絶頂のお笑いコンビ「ダウンタウン」の浜田雅功と血のつながらない兄妹を演じた。中山美穂が歌う主題歌『ただ泣きたくなるの』はミリオンセラーとなり、この年の“紅白”でも披露された。

ダウンタウンの“浜ちゃん”は1991年『パパとなっちゃん』『ADブギ』、1992年『十年愛』に続くドラマ出演で、当時のTBSの金曜日のドラマ常連に。ドラマの“浜ちゃん”はバラエティーで見せるドSな部分ものぞかせつつ、“いい加減で粗暴だが実はナイーブで優しい男”がハマリ役。

1994年3月11日『もしも願いが叶うなら』(TBS)/ミポリン“玉の腰”目前で現れた3人のクセある兄貴は浜田雅功、浜崎貴司、岡田浩暉

  • 中山美穂がダウンタウン・浜田と旅館で悶々…絶妙男女の掛け合い~1994年『もしも願いが叶うなら』より/懐かし番組表
    『テレパル』1994年第5号・東版の表紙
  • 中山美穂がダウンタウン・浜田と旅館で悶々…絶妙男女の掛け合い~1994年『もしも願いが叶うなら』より/懐かし番組表
    『もしも願いが叶うなら』(TBS)/1994年3月11日のテレビ欄(出典:『テレパル』第5号・東版)

毛利未来(中山美穂)は幼少期に両親が離婚、母に引き取られたが数年後に母が他界し、天涯孤独の身となって養護施設で育った。自立後は“王子様”の出現を夢見ながらファミリーレストランで働いている。ある日、未来は外貨しか持ち合わせがなく支払いに困っている客に金を貸すが、それが大企業の御曹司・井上健(うじきつよし)だった。

すぐに2人は再会し、愛をはぐくみ、結婚への道を歩き出す。そして未来は“現代のシンデレラ”として雑誌に掲載される……ここまでの話が初回オープニングにぎゅっと詰め込まれ、話はここから。健との新婚生活の場となるマンションに先に1人で住むことになった未来は幸せの絶頂にいたが、そんな時に突然3人の見知らぬ男が兄だと未来の前に現れ兄だと名乗る。

長兄の毛利虎男(浜田雅功)は関西弁でまくしたてるガサツな男。次兄の毛利竜次(浜崎貴司)はネクラな雰囲気の動物好きで猫を連れてきている。、三兄の毛利鷹志(岡田浩暉)は売れないミュージシャンでちゃんぽらんな女好き。未来のマンションに住みついたこの三兄弟と未来、そして未来の結婚は……というコメディーだ。

3月11日の放送は第10話「告白」。竜次が突然行方不明になり、未来と虎男は竜次を捜す。あきらめかけていた頃にようやく発見すると、竜次は衝撃の告白をする。兄妹が幼い頃、未来が海で溺れた事故。それは両親が末娘の未来をかわいがることに嫉妬して未来を海に突き落としたのだと。兄の虎男が未来を助けるため耳に障害をもってしまったのも自分のせいだと。

この10話では竜次を別々に捜していた未来と虎男が同じ町にたどりつき、夜遅くなって旅館に泊まることに。その旅館ではカップル扱いされ、同じ部屋で悶々とする場面が。ここまでの間に、未来の気持ちは虎男に傾いているのが視聴者にはわかっているからやきもきする。

未来と虎男はお互い自分の気持ちに素直になれないまま、未来と健の結婚式を迎える最終回。教会で新婦の兄として手紙を読み上げていると……ここから先の場面は、これからCSの再放送で観てみようという人のために伏せておく。翌年の3月に放送されたスペシャルでは、この最終回から1年後の後日談が描かれた。

『もしも願いが叶うなら』の中山美穂は浜田雅功のアドリブやツッコミに見事な返しを見せ、『男女7人~』の大竹しのぶと明石家さんまに匹敵する絶妙な掛け合いがドラマを盛り上げた。こうして1990年代、TBSとフジテレビで何作ものヒットドラマに主演してきた中山美穂。そんな“ミポリン”が、もうすぐ連ドラに帰ってくる。4月スタートの“月9”『貴族探偵』で相葉雅紀が演じる主人公のメイドという設定だ。1990年代連ドラの女王が、久々の“月9”で見せる存在感には大いに期待したい。

【関連記事】

16歳・中山美穂の「セックスしようぜ」「バ~カ」に男子騒然~1986年『な・ま・い・き盛り』より/懐かし番組表

提供元:テレビPABLO

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア
人気記事ランキング

TOP