テレビ関連ニュース

数々の大物俳優が“NHKを出禁になった理由”が笑える

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

画像

俳優でタレントの毒蝮三太夫が、1月24日に放送された『チマタの噺』(テレビ東京系列、毎週火曜24:12~)にゲスト出演。NHKを出禁になった過去を明かした。

「“蝮”という名前をずっと維持して、まずかった事は?」とMCの笑福亭鶴瓶に聞かれた毒蝮は、「NHKで“使わねえ!”って言われた」と告白。現在は逆に“出てください”とまで言われるようになったが、昔は10年以上出演停止となっていたという。すると、鶴瓶が「名前変えている例もあるんですよ」と言い出し、「生瀬(勝久)っているでしょ? 元々は“槍魔栗三助”(やりまくり さんすけ)という名前だったんですよ。紅萬子(くれない まんこ)は、紅壱子になった」とNHKでは出せなかった名前を次々と挙げ、毒蝮も「そりゃ出せないな」と納得の表情を浮かべた。

しかし、今では「玉袋筋太郎(たまぶくろ すじたろう)」もNHKの教育テレビに出演していると言い、毒蝮は「NHKも変わったよ。俺も介護の番組をやっているし、(NHKの方が)俺に寄って来てくれた。今NHKにいる30~40歳ぐらいの人たちが、“NHKらしいものをやろう!”と考えてくれた」と明かしていた。

【関連記事】

『三匹のおっさん3』初回視聴率8.9%「やっぱり面白い!」と絶賛の声多数

提供元:テレビドガッチ

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア
TOP