TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

テレビ関連ニュース

戸田恵梨香:子役時代の朝ドラ話に赤面 大石静「いい雰囲気を出していた」

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

戸田恵梨香:子役時代の朝ドラ話に赤面 大石静「いい雰囲気を出していた」

 女優の戸田恵梨香さんが5日、12日からスタートする主演ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系・金曜午後10時)のトークイベントに、脚本家の大石静さんとともに登場。戸田さんは、子役時代に出演したNHK連続テレビ小説「オードリー」(2000年放送)について、大石さんから披露される場面があり、思わず赤面していた。

 「オードリー」に出演した俳優の佐々木蔵之介さんから、1週間ほど前にメールが来たと話した大石さんは、「『オードリー』の子役が大石さんのところに帰ってきましたね、とあったんです」とメールの文面を紹介。「何のことだろうと思ったら、『オードリー』で戸田恵梨香さんが、大竹しのぶさんの子供時代をやっていたんです。その時は、うまい子だなと思ったんだけど、それが戸田恵梨香さんだったことは忘れていて、それが20年たってめぐり会えた。ご縁を感じます」としみじみ。

 戸田さんは、思わず赤面しながら「蔵之介さんが、それに気付いていたってことに、びっくりしました」と驚きを隠せない様子。「当時は、小学校6年生とか、5年生ぐらいで、本当にちょっとしか、一瞬しか出てないので、私自身も記憶をなくすぐらいの遠い話で、かなりびっくりしています」と告白。大石さんから「すごいいい雰囲気を出していた」と称賛されると、戸田さんは「お恥ずかしい限り……。でも、うれしいです」と照れ笑いしていた。イベントには、ムロツヨシさん、松岡昌宏さん、草刈民代さんも登場した。

 ドラマは、戸田さん演じる若年性アルツハイマーを患う医師の北澤尚と、尚を支える恋人の元小説家・間宮真司(ムロさん)の10年にわたる切ない純愛物語。レディースクリニックの医師として働く34歳の尚は、条件にぴったりの年上の医師・侑市(松岡さん)との結婚式を控えていた。ところが、新居に引っ越しをする尚は、元小説家で、引っ越しのアルバイトをする無愛想な真司と運命的な出会いをして、恋に落ちる。2人の愛を阻むように、尚が若年性アルツハイマーに侵されていることが発覚して……という展開。脚本をNHKのドラマ「セカンドバージン」などを手がけた大石さんが担当する。主題歌は、3人組ロックバンド「back number」が書き下ろした「オールドファッション」。

【合わせて読む】

【写真特集】きれい…! ピンクのドレス姿で登場した戸田恵梨香さん

提供元:MANTANWEB

関連記事