TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

テレビ関連ニュース

吉祥寺より秋葉原が良い?離婚が決まった女性に秋葉原を進める理由とは

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

吉祥寺より秋葉原が良い?離婚が決まった女性に秋葉原を進める理由とは

女優の西田尚美が、11月4日に放送される『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』の第4話にゲスト出演。離婚が決まり、引っ越し先を探す女性「友部麻衣子」役を演じる。

本作は、発行部数100万部を突破し映像化もされた大ヒット作「いつかティファニーで朝食を」を生み出し、女性から人気を誇る漫画家・マキヒロチの同名コミックが原作。住みたい街No.1の吉祥寺にある不動産屋を舞台に、さまざまな悩みを抱えた登場人物の“引っ越し”を通して、東京にある街の知られざる魅力を描く。

主演の大島美幸と安藤なつが演じるのは、吉祥寺に居を構える「重田不動産」を切り盛りする巨漢の双子姉妹“重田ツインズ”。来店した悩める客たちを翻弄しつつも、その成長を温かく見守る。そのほかにも、レギュラーキャストには個性派俳優が続々。ちすんは、重田ツインズが足しげく通う吉祥寺のカフェの女性店員「温井しずか」役。田口トモロヲは、重田ツインズが尊敬するカフェのマスター「御厨(みくりや)三郎」役。浅香航大は、「重田不動産」唯一の従業員「勲男」役。又吉直樹は“本人役”で出演する。

第4話は、麻衣子がイヤホンで大好きなアイドルの音楽を聴きながら吉祥寺の街を歩いているところからスタート。早く住むところを探さなければ、と心の中でつぶやきながら重田不動産の窓に張り出された物件情報を見ていると、そこへ重田姉妹が現れ店内に案内される。

席に着き申込書を書き込む麻衣子。希望の条件は吉祥寺から徒歩15分以内で、料理をしながらテレビを見られるようなカウンターキッチンがある部屋。引越しの理由を尋ねると、実は離婚することが決まり、結婚してからも吉祥寺にしか住んだことがないので、一人で全く知らない街に住むのは気が重いため、吉祥寺の物件を探しているという。そんな麻衣子に対して重田姉妹がこう言い放つ「じゃ、吉祥寺やめよっか」。

重田姉妹が麻衣子を連れてやってきたのは「秋葉原」。秋葉原は山手線や総武線、京浜東北線などたくさんの電車が乗り入れていてアクセスがいい街だと説明する重田姉妹。最初はしぶしぶと二人についていく麻衣子だったが、徐々に秋葉原の街に興味をひかれていく……。

【合わせて読む】

森三中・大島美幸&メイプル超合金・安藤なつ、“巨漢の双子姉妹役”でドラマW主演

提供元:テレビドガッチ

関連記事

人気記事ランキング