テレビ関連ニュース

『西郷どん』革命編へ!鈴木亮平の眼光も鋭く「新生・西郷吉之助を目撃してもらえるはず」

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

『西郷どん』革命編へ!鈴木亮平の眼光も鋭く「新生・西郷吉之助を目撃してもらえるはず」

鈴木亮平が主演するNHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合、毎週日曜20:00~)。7月15日は、第26話「西郷、京へ」が放送される。

原作・林真理子、脚本・中園ミホによるこの作品は、極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(=吉之助/鈴木)が、南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく物語。

第26話「西郷、京へ」では、薩摩に戻った吉之助(鈴木)は、一蔵(瑛太)の求めに応じ京へ。そんな中、勝海舟(遠藤憲一)と坂本龍馬(小栗旬)、そして岩倉具視(笑福亭鶴瓶)が、西郷の噂話に花を咲かせていた。

京では、朝廷と幕府、そして雄藩が合議で政を行う「参与会議」が開かれるが、一橋慶喜(松田翔太)はころころと意見を替え、島津久光(青木崇高)を徹底的に愚弄し、会議は決裂。事態を打開するため、吉之助は慶喜との再会を果たすが……。

公式サイトの「西郷どんの目線」で鈴木は、「いよいよ、革命編です。島での時間を経て、『天命』と『人への愛』に気づいた吉之助は、さらに異国が攻めてくる恐怖に触れた人間として、はっきりと政治的意図を持って動き始めます。それは、異国に負けない強い国を作りながら、いかに戦争を起こさないかということ。一蔵さんとも同じ方向を向いて走りだします」とコメント。

さらに、「いろんな意味で、“新生・西郷吉之助”を目撃してもらえるはずです。見た目で言えば、ようやく襦袢(じゅばん)を着るようになり、羽織も紋付きのピリッとしたものを羽織るようになりました。髪型も生え際が変わり、メイクも眼光鋭くなっています。そして、『たやすく命はかけない』吉之助になっているはずです。だんだんと“西郷さん”に近づいていく姿を、どうぞお楽しみに!」とアピールしている。

【合わせて読む】

悪代官の定番セリフ「おぬしも悪よのう」の意外すぎるルーツとは?

提供元:テレビドガッチ