TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

テレビ関連ニュース

振り込め詐欺被害額200億円超…巧妙化する手口とは?池上彰が徹底解説

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

振り込め詐欺被害額200億円超…巧妙化する手口とは?池上彰が徹底解説

池上彰が、日本や世界の重要なニュースをわかりやすくスタジオ解説するシリーズの最新版『池上彰SP 徹底解説!!オレオレ詐欺&仮想通貨~あなたの生活を揺るがした身近な危険SP~』(フジテレビ系)が、5月18日(金)19時57分より放送される。

同番組では、平成30年史に起こったさまざまな事件、災害などのニュースを振り返りながら、残りあと1年、この時代に解決すべき「平成の宿題」を、池上が徹底解説する。

最初のテーマは「平成で誕生したもの」。数々の物が誕生した平成だが、池上がこの時代に解決すべき宿題として掲げたのが「仮想通貨は本当に通貨として通用するのか?」だ。キプロス金融危機を振り返りながら、仮想通貨のメリット&デメリットなどを解説していく。

続いてのテーマは「平成の事件」として、シニア世代を狙う最新オレオレ詐欺を特集。去年の振り込め詐欺被害額が200億円を超え、その被害者の8割が70~80代の女性だという。番組では、日々多様化、巧妙化するその手口を紹介。さらに、ネットを悪用した犯罪・闇サイトなどとどう戦っていくべきかを解説する。

最後のテーマは「平成の偽装」について。数々の偽装事件が起こった平成。私たちの食の安全に対する意識も高まった時代だった。では、その“食の安全”をどう守るのか? 食品表示法、産地表示の問題点を解説しながら、食中毒や異物混入などを防ぐために企業が取り入れた対応策を取材。私たちは、食の安全から守られているのかを考える。

【合わせて読む】

有村藍里、鼻の下に線を描くと「妹に似てるって言われる」

提供元:テレビドガッチ

関連記事