TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

テレビ関連ニュース

ビートたけし&高田純次『ひょうきん族』キャスティング秘話を暴露

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

ビートたけし&高田純次『ひょうきん族』キャスティング秘話を暴露

ビートたけしも知らないであろう世界のニュースを紹介する大好評企画『世界がザワついた(秘)映像 ビートたけしの知らないニュース』の第16弾が、5月20日(日)19時58分からテレビ朝日系にて放送されることが決定。ゲストには、同局で放送中の木曜ドラマ『未解決の女』(毎週木曜21:00~)に出演中の高田純次が登場。伝説の番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(NTV系/1985~1996年)以来、日曜のゴールデンタイムにおいて、たけしと約20年ぶりの共演を果たす。

収録の冒頭で、高田が「シルバーの時間帯は出演しているけど(笑)、この20年間、どこの局でも日曜ゴールデンタイムは出ていないから、本当に20年ぶり!」と、喜びを語った。また、たけしが「あの頃は松方弘樹さんもいて……よく酒を飲みに行ったなあ」と懐かしむと、高田は「ロケで撮ってきたVTRをスタジオでみんなに見られるのがキツかった」と振り返る。それを聞いたケンドーコバヤシらは「我々の世代からすると(2人の共演は)感慨深いです!」と大感激していた。

さらに、たけしは「実は、『オレたちひょうきん族』(CX系/ 1981年~1989年)も、最初は高田さんと一緒だったんだよ。ブラックデビルは、(明石家)さんまの前に高田さんが演じていたんだ。“たけちゃんマン”のライバルとしてレギュラーにしようと決まったのに、高田さん、風邪で休んじゃってさぁ」と当時の秘話を暴露。

実は、高田は初回収録後“おたふく風邪”にかかってしまい、「大人になってからかかったから重くて……」とポツリ。代役を務めた明石家さんまがそのままブラックデビルを演じたという秘話に、「すごい! 知らなかった!」とプレゼンターたちも驚きの表情を浮かべていた。

今回、番組ではプロフィギュアスケーターの村上佳菜子、カミナリ、横澤夏子の3組がニュースを紹介するプレゼンターに初挑戦。“ネタを生かすも殺すもプレゼンターの腕次第”とあって、たけしをうならせるべく、挑んでいくのもみどころのひとつだ。
 
そんな中、高田は、横澤がプレゼンを担当する「ネットで買える!?」のコーナーで、“おじさんがおじさんを肩車しているように見えるズボン”という珍商品を試着し、スタジオ中を爆笑させる。収録後、試着のためにいったん退席した高田のことを、「途中でスタジオからいなくなったから帰っちゃったのかと思った」とたけしが茶化すと、高田本人も大ウケ。MCの阿川佐和子が「これに懲りず、またゲストに来てくださいね」と呼びかけると、「全然、凝りてないよ! いろいろな方向性の映像があって面白かった」と答え、豪華出演者たちがプレゼンするニュースの数々を堪能したようだ。

【合わせて読む】

入社したら条件が違う…リストラ候補者が陥った“罠”とは?『ヘッドハンター』第6話

提供元:テレビドガッチ

関連記事