TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

テレビ関連ニュース

沢村一樹、7月スタート『絶対零度』で“月9”で初主演

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

沢村一樹、7月スタート『絶対零度』で“月9”で初主演

沢村一樹が、フジテレビ系にて7月からスタートするドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(毎週月曜、21:00~)で、“月9”初主演することがわかった。

『絶対零度』は、上戸彩が新米女性刑事・桜木泉役で出演した人気シリーズ。シーズン1ではコールド・ケースと呼ばれる“未解決事件”を、シーズン2では“潜入捜査”をテーマに、桜木の活躍と成長が描かれた。

今回の新シリーズでは、沢村が演じる元公安のエリート刑事・井沢範人を主人公に、“未来の犯罪を予測して捜査する”ということがテーマ。潜入捜査やアクション、予期せぬ展開とエンターテインメント性がパワーアップしている。それに加え、上戸演じる桜木も登場。前シリーズから7年を経て、一流の捜査官に成長していた彼女が、ある捜査中に突如失踪、消息をたってしまったという設定だ。桜木は、物語全体の謎のカギを握る存在にもなっており、新たな展開に注目が集まる。上戸が、同局の連続ドラマに出演するのは、『昼顔』以来4年ぶりだ。

今回が“月9”ドラマ初主演となる沢村は、「新しい“月9”、新しい『絶対零度』に挑戦するチームに参加させて頂けること、うれしく思います。刑事ドラマ作りは何よりもチームワーク。スタッフ、キャストが力を合わせて、楽しく、時には意見をぶつけ合えるような現場作りができたらなと思います」とコメントし、本シリーズに関しては「脚本を読ませていただいて、『絶対零度』は成長し続ける作品なのだと実感しました。これまでのバトンをしっかり受け継ぎながら、“未然犯罪捜査チーム”、通称“ミハン”を新たな舞台に、2018年の今でしか作れない、そして今回のキャストならではの“変化”を、皆さんに楽しんでいただきたいです」と意気込んでいる。

一方、上戸はこのシリーズの“復活”について「前作から7年経った“桜木泉”がどう成長してきたか、空白の時間をお届けできたらと思います。“桜木泉”を生かし続けてくださる皆様に感謝しています」と話しており、沢村との共演については「沢村さんとの11年振りのセッション、そして普段のおもしろい沢村さんが、ミステリアスな井沢範人をどう演じられるのか、そこに桜木がどう絡んでいくのか、私自身、楽しみにしています!」と語っている。

【合わせて読む】

有吉弘行、京都・祇園の会員制クラブに「魔窟だよ」

提供元:テレビドガッチ

関連記事

人気記事ランキング