TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

テレビ関連ニュース

松田翔太:「SPEC」新作に自分のカブトムシ提供 “哀川翔セット”から誕生

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

松田翔太:「SPEC」新作に自分のカブトムシ提供 “哀川翔セット”から誕生

 俳優の松田翔太さんが1日、東京都内で行われた「ケイゾク」「SPEC」シリーズの新作「SPECサーガ完結篇 『SICK’S 恕乃抄』」の完成披露試写会に、木村文乃さんと共に出席。劇中に登場するカブトムシは松田さんが自宅で飼育していたものといい、無類の昆虫好きで知られる哀川翔さんからもらった一組のつがいから誕生したカブトムシであると明かした。

 松田さんは「ボク、少し前に哀川翔さんと共演していて『カブトムシいる?』って言われて。それはハワイに来て海に入らないのと同じだなって思って『いります』って。オスとメスの『哀川翔セット』を飼い始めて、27匹も子供を生みまして、育てていたので……」と説明。木村さんも「(ブリーダーとして)才能あるんじゃ?」と驚いていた。

 完成披露試写会には、右目の眼帯がトレードマークのIQ230の天才・御厨静琉(みくりや・しずる)役の木村さん、元公安の刑事・高座宏世(たかくら・ひろよ)役の松田さんの新コンビに加え、野々村光次郎を演じる竜雷太さん、堤幸彦監督、植田博樹プロデューサーも登壇した。

 「SPEC」は、「ケイゾク」の世界観を引き継いだ設定で、未解決事件の捜査強化のため、捜査1課弐係(ケイゾク)に加え、新たに公安部に設立された「未詳事件特別対策係」(ミショウ)の捜査員が、特殊能力(SPEC)を持つ犯罪者を相手に息詰まる攻防を繰り広げるミステリー。

 新作「SPECサーガ完結篇 『SICK’S 恕乃抄』」の舞台は「内閣情報調査室」の中にあるスペックホルダー対策の特務事項専従係、通称「特務(トクム)」。御厨と高座が所属し、竜さん演じる野々村光次郎が係長を務める。スペックホルダーを巡る争いは日本をはじめとする国家間の争いや宗教団体、自衛隊まで巻き込む権力闘争に発展。スペックホルダーを支配しようとする思惑の狭間(はざま)で御厨と高座は、野々村とともに戦いを挑んでいくこととなる……というストーリー。動画配信プラットフォーム「Paravi(パラビ)」で配信中。

【合わせて読む】

【写真特集】木村文乃、すっきりショートがやっぱり似合う! スリットから美脚も…

提供元:MANTANWEB

関連記事

人気記事ランキング