TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

テレビ関連ニュース

内藤剛志演じる“3D一課長”が出現『警視庁・捜査一課長AR』

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

内藤剛志演じる“3D一課長”が出現『警視庁・捜査一課長AR』

内藤剛志が主演する新ドラマ『警視庁・捜査一課長 season3』(テレビ朝日系列、毎週木曜20:00~)。同シリーズでは、放送に合わせて様々なイベントや企画を行ってきており、昨年放送された『season2』では、内藤演じる“大岩捜査一課長目線のVR”が作られ、ドラマの名シーンを360度動画でVR体験できると、ファンの間で好評を得た。そして今回の『season3』では、大岩一課長が“AR”に挑戦。“捜査一課長の3D”が出現するアプリが展開されることがわかった。

今回発表された“AR”は、 専用アプリを無料ダウンロードすれば、捜査一課長が3Dでスマートフォンに出現し、様々な捜査一課長を撮影することができるというもの。配信に先駆け、7日に行われたイベントで「警視庁・捜査一課長AR」を初公開。この“3D一課長”を作成するにあたり、内藤を84台のカメラで360度を取り囲み、全身を撮影したという驚きの作成秘話も明かされた。また、同アプリを使った「どこでも一課長!ARフォトコンテスト」が開催されることが決定している。

フォトコンテストへの参加は、「警視庁・捜査一課長AR」で撮った写真に「#どこでも一課長」とつけ、自身のTwitterアカウントから投稿。投稿された写真の中から、内藤本人がお気に入りを選定。これに選ばれた方には、宣言通り、サイト上で“内藤から特別メッセージ”が送られる。

【合わせて読む】

番組公式ARアプリ「警視庁・捜査一課長AR」特設サイト

提供元:テレビドガッチ

関連記事