TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

テレビ関連ニュース

健太郎、木村拓哉との共演に「レジェンドのような存在」

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

健太郎、木村拓哉との共演に「レジェンドのような存在」

若手俳優の健太郎が、3月15日に放送される木村拓哉主演のドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~22:09※15分拡大)の最終回で、身辺警護課の新メンバーとして登場することがわかった。

毎回、息もつかせぬ攻防戦から目が離せない展開で注目を集めているこの作品も、いよいよ最終回。亡くなった身辺警護課課長の村田五郎(上川隆也)を巡る証拠隠蔽問題、厚生労働大臣の職を辞した立原愛子(石田ゆり子)が、事件の真実を語るのか否か、それに対して警視庁SPの落合義明(江口洋介)はどう動くのか、そして島崎章(木村)たちは村田の汚名をそそぐことができるのか、怒涛の展開にも、ついに終止符が打たれることになるわけだが、この最終回で、章たちが所属する日ノ出警備保障・身辺警護課に、健太郎演じる新たなメンバー・新川貴志が加わることになった。

健太郎は、2018年元日に放送された『相棒Season16 元日スペシャル』で、事件の鍵を握る重要な人物を演じ注目を集めた。また、『BG』は第1話から楽しく見ていたらしく、今回の出演については「身辺警護課のオフィスに立てて、メンバーの一員になれて嬉しかった!」と感激もひとしおの様子。「幼稚園の頃から大好きで、レジェンドのような存在だった木村拓哉さんとの共演は、今まで体験したことがない緊張と嬉しさなど、たくさんの気持ちが巡りました」と興奮気味に語った。

そんな健太郎に、『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)で共演した斎藤工は「(木村拓哉は)本当に存在するんだよー」と緊張を和らげるアドバイスをしたそう。今作では、教師と生徒という役柄から一転、“同僚”という立場の役での斎藤と共演。「感慨深かった」と振り返っていた。健太郎が演じる、身辺警護課の新人・新川がどのような形で登場し、木村らとどのような絡みを見せるのか注目だ。

【合わせて読む】

視聴者の反応をリアルタイムに活かし番組を最適化!情報番組のTwitter活用例

提供元:テレビドガッチ

関連記事