TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

テレビ関連ニュース

坂口健太郎主演『シグナル』に北村一輝、吉瀬美智子、渡部篤郎が出演決定

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

坂口健太郎主演『シグナル』に北村一輝、吉瀬美智子、渡部篤郎が出演決定

坂口健太郎主演の新ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』(カンテレ・フジテレビ系、4月スタート、毎週火曜21:00~)に、北村一輝、吉瀬美智子、渡部篤郎が出演することがわかった。

坂口がテレビドラマ初主演を果たすことで話題の本作は、謎の無線機を通じて、“現在”を生きる刑事と“過去”を生きる刑事の二人が、共に未解決事件を解き明かすことで現実が塗り替えられるという矛盾、さまざまな人間模様が織りなす展開が、次々に謎を深める予想不可能なヒューマンサスペンス。

主人公は、独学でプロファイリングを学んだ城西警察署の警察官・三枝健人。幼い頃に起きた自身も関わりのある女子児童誘拐殺人事件や、兄が自ら命を絶つ原因となった過去の事件で心に深い傷を負って以来、警察を全く信用していない。冷静な判断力と観察力、そしてプロファイリングの知識を持ち、いつか自らの手で兄の事件の真相をつかみたいと“内なる情熱”を秘めた芯の強い男を坂口が演じる。

今回新キャストとして発表された北村が演じるのは、健人と時空を超えて無線機で交信する城西警察署刑事課の刑事・大山剛志。誰よりも不正を憎み、周囲の迷惑や警察のメンツ、慣例などには囚われることなく、思う存分に捜査にのめり込む性格。時に、上司から疎まれたり周囲からも反発を買ったりするが、自分の中に持つ絶対に曲げられない正義感と信念で事件を捜査するが、ある日突然、収賄容疑をかけられ、その後失踪してしまう。

また、吉瀬が演じるのは、健人が城西警察署管内の交番に勤務していた際、女児誘拐殺人事件をきっかけに出会った城西署刑事課の刑事・桜井美咲。新人時代、指導係だった大山の厳しい教えを受け、多くの事件と向き合うことで優秀な刑事に成長した。強気でクールだが、誰よりも事件解決への思いが強い。長期未解決事件捜査班のリーダーに任命され、健人とタッグを組み事件を捜査する。

そして渡部が演じるのは、警視庁の刑事部長として絶大な権力をふるう中本慎之助。警察の裏の顔ともいうべき存在で、数々の政治家や大企業に絡む隠ぺい工作を行うなど、汚い手を使って現在の地位にのし上がってきた、手段を選ばない冷酷非道な警察キャリアだ。

北村は「原作の海外ドラマを観て、とても見応えのある、面白い構成になっている作品だと感じました。今作は内容が凝縮された、クオリティの高いドラマになればいいなと思いました。渡部さんとは久しぶりに密度の濃いお芝居ができそうで、現場でお目にかかるのが楽しみです」とコメント。吉瀬は「とても面白い作品に参加できて嬉しく思っています。プレッシャーもありますが、頑張りたいです。今をときめく坂口さんとご一緒できて嬉しいです。北村さんはお兄ちゃん的な存在なので、今回も助けていただけたら。渡部さんはダンディーなイメージとバラエティーの時のギャップが面白くて素敵な方だと思います」と、渡部は「オリジナル作品を拝見しました。一視聴者として引き込まれ、素晴らしいエンターテインメント作品だと感じました。そのような作品に参加させて頂くことになり、心より感謝しています。素晴らしい原作ですが、日本版もきっと良い作品になると信じています」と、熱く語っている。

【合わせて読む】

Kis-My-Ft2玉森裕太が“盗賊”に!映画『キング・オブ・エジプト』地上波初放送

提供元:テレビドガッチ

関連記事