コラム

『早子先生~』を数学で解くと・・・~海辺の美女問題に学ぶ恋愛必勝法~

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

news画像

海辺で寝そべる「あなた」の前を、20人の美女が通ります。
あなたの目的は、この20人の美女の中から、とびっきりの美女をひとり選び、声をかけることです。ただし、一度「パス」した女性に戻ることはできません。
さて、あなたはどのような戦略を立てて、ひとりの美女を選びますか?

上記は、数学の世界では有名な「海辺の美女問題」だ。
「パス」した女性に戻れない、という点がこのクイズの肝となっており、海辺の美女という軽いテーマとは裏腹に、数学的には重たい問題となっている。
早めに選びすぎては後に控える美女を選択するチャンスを失うが、パスしすぎていると、もっと早めに選んでおけばよかったと後悔することになりかねない。果たしてどうチョイスするのが正解なのだろうか。

美なんて主観的なものだし、明確な答えなんてないでしょ、という文系の皆様の言い訳が聞こえてきそうなので、さっそく答えを発表したいと思う。本来は複雑な期待値計算に基づくものだが、詳細は割愛させて頂く。

【1人目~5人目】
問答無用でパス! どれほどの美女でもパスが正解。
【6人目~10人目】
これまでパスしてきた女性の中で、1番の美女がいれば声をかける。そうでなければパス!
【11人目~13人目】
これまでの女性の中で、1番目か2番目と思えば声をかける。そうでなければパス!
【14人目~15人目】
これまでの女性の中で、3番目以内に入っていれば声をかける。そろそろ決めたいところ。
【16人目】
4番目以内ならば声をかける。まだ望みは捨てない!!
【17人目】
5番目以内ならば声をかける。5番手でもまぁよしとしなければいけない時期!
【18人目】
7番目以内ならば声をかける。後悔が大きいけど仕方ない!
【19人目】
10番目以内ならば声をかける。パスをしてラスト1人に賭けるか・・・。
【20人目】
最後まできてしまった。自動的に声をかけることに。

上記の手法を取ると、36.8%の確率で1番の美女を選択することができ、また、おおよその(15人目以内で決めた)場合に、上位3番手までの美女をチョイスすることが可能となる。

これはもちろん計算上のことだが、実生活でも大いに当てはまるのではないだろうか。

木曜夜10時よりフジテレビ系列にて放送中のドラマ「早子先生、結婚するって本当ですか?」

12日(木)は、34歳の早子先生(松下奈緒)が、教師が集まる研修会で出会った男性と付き合うことになるのか!? というのがメインのお話。
ドキドキはしないが嫌いではない、というレベルの男性に対し、「これでいいや」で付き合おうとも思ったが、結局妥協はせず、恋人となることはなかった。

ドラマの言う通り、「これでいいや」で付き合うのは良くない! というのはもちろん正論だ。しかし、実際はどうだろうか。妥協、とまでは言わないが、全員がこの世で1番の理想の相手と結婚しているわけではないのは明白だろう。つまり、「海辺の美女問題」を無意識のうちに解いているという訳だ。

問題を解く上で重要なことは、「今、何人目か」という点。
これは人によって捉え方が変わるが、客観的に判断させていただくと、34歳の早子先生はもう「17人目」か「18人目」あたりだろう。ここで1番、2番の人が現れるのは絶望的で、7番手くらいの人で手を打つべきタイミングだ。つまり、数学的には、「これでいいや」で付き合うべきだったということになる。

筆者が所属する日本味覚協会では、味覚ゲームを用いた婚活パーティーも主催している。
そこでは傍から見るとお似合いと感じる男女がいても、お互い理想が高いためカップルが成立しない例が非常に多い。

自分が若かった頃の感覚から抜け出すことは難しいが、そんな方にオススメなのが金曜夜10時からTBS系列で放送の「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」。
正論ばかりの「早子先生」とは対照的に、かなりリアルで、キツイことを代弁してくれるドラマだ。
13日(金)は中谷美紀扮する橘みやびが年下のカレといい感じになる!? かが見所。是非こちらも見て欲しい。

(一般社団法人日本味覚協会 代表 水野考貴)

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア
TOP